2007年12月29日

高知ファイティングホース?

大晦日、高知競馬場にFDの選手達が登場する。
ハルウララギャラリーでFDグッズを売るらしいのだが..



この日藤川球児選手の冠レース(協賛費1万円)と抱き合わせて
高知FDの冠レースが行われるのと、場内に有るハルウララ
ギャラリーでFDグッズを売り出した為である。

FDの選手と言っても未だ地元選手は入団していないので、
全て県外の選手達。
この大晦日に故郷へ帰れないとは哀れである。

さてこの高知競馬、赤字を出せば即廃止!!の謳い文句で、
何とか存続してきたが、とうとう今季は1000万近くの赤字
を出してしまった。
ところが、いざ赤字となったら廃止の話は何処かへ行って、
赤字解消に努力する方向へ進んでいる。

何とも不思議な話だが、これはよくある事(笑)
幾ら県民の失業対策が絡んでいるとは言え、いい加減な政策は
高知だけでは無い。
国民年金問題等はその最たる物だろう。
経営状態を適当に誤魔化してウヤムヤにするのは、
リーグの観客数を水増しし続けるのと何処か似ている。

FDのシンボルとなっている闘犬だが、その昔ソフトボールで
日本リーグを沸かした”闘犬センター”も今は無くなり、
オーナー会社も銀行管理で営業している有様。

1004023989512.jpg今回の高知競馬と高知FD、
藤川兄弟の仲立ちで、
いっその事
”高知ファイティングホース”
と球団名を
変えてみてはどうだろう。

経営はウヤムヤ、
何時まで存続できるか不明、
走る馬もプレイする選手も
中央からの不用品。
調教すればするだけ
走らなくなる競走馬は、
正にFDの選手そのもの。


更に、そんな状態でも何一つ疑問を持たず、ひたすら
馬場や球場に足を運び楽しむファンがいる事も酷似している。

多くの野球ファンや競馬ファンからは無視されている所も(笑)

と、まあ批判めいた事は幾らでも言えるが、この世の中は
殆どの物事がこの手合いで、一般の人にとっては大した問題でも
無いので、腹を立ててどうこうという訳でも無い。

FDの公式ページのお粗末さについても批判が出ているが
そこはそれ、素人のオバチャンが知恵を絞って安い管理料で
更新していると思えば見れない事も無い(笑)

どうせ管理料は自社のバナーを貼り付ける事でチャラだろうし
今回のギャラリーの事にしても、合同社員の島田氏の経営する
オーバーラップの仕事がレースの中継カメラマン派遣。
そして一時期高知競馬では島田氏の持ち馬が走っていた、
その名も”オーバーラップ”である。

高知の場合仕事を貰うと、何故かお返しをしなくてはならない
いや、それは良い方で、お返しの為に仕事をする事もまま有る。
今回の高知競馬との連携もそこら辺の人脈が動いているのだろう。
何よりもこのオバチャン、住んでいる所が長浜、競馬場の近く。
次は高知競馬のサイトでも開くつもりかも(笑)

今年も後数日、批判ばかり繰り返してきた私も、
今年最後になりそうな記事だけは少し穏やか?にまとめたが、
あんなサイトでは来年はタマヲ姐御のサイト以上に取り上げる
機会が多そうである。

皆さん、良いお年を.....



ブログトップへ






posted by T−Rex at 21:31| Comment(0) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。