2007年11月20日

不作の年 2

57から34へ,
この数字が何の数字かお解かりだろうか?

昨日のNPB大社ドラフトで本指名された選手数である。
昨年のドラフト指名は57名、それが今回は34名。
一体この減り様はどうした事だろう?

それ程に今年の新人には将来性の有る選手がいなかったのか。

それも一つの要因である事は確かなのだが、もう一つ面白い
数字が有る。
昨年12で今年15なのだが、僅かに増えている。
これは育成枠指名選手の数、僅かに見えるが巨人が昨年7名で
今年3名、残り11球団では5名から何と12名と倍増している。

同様に育成枠指名を行った球団が昨年ヤクルト1名、広島2名
楽天2名、巨人7名と4球団だったが、
今年はこれにオリックス1名、広島2名、楽天2名、阪神1名
ロッテ5名の指名があり9球団と増えている。

つまり、金のかかる本指名選手は少なくしておいて、安上がりの
育成枠指名で選手を獲得しておいて、使えるようだったら、
支配下選手登録をして年棒を挙げれば良い。
(契約金は300万でいい)と言う考え方がNPB側に
出て来たのでは無いだろうか。

従来のドラフト指名選手数が維持され、プラス育成枠選手指名が
増えるのはいい事だが、万一今年の様な指名が続く様なら、
”育成枠”その物の存在が”悪”と為りかねない。

リーグファンの間では早くも、初年度2名、昨季3名と言う指名を
大幅に上回る6名の指名を受けた事を喜んでいるが、
実は昨季育成枠指名をしなかったロッテが今回、宮本、小林、白川
を指名した分増えただけで、これも今季初めて育成枠指名した
オリックスが梶本を指名しなければ、ヤクルトの三輪、小山田の
2名だけになった可能性がある。

育成枠で指名されNPBへの夢に一歩近づいた選手には
悪いのだが、野球界の今後を考えれば手放しでは喜べない
今回のドラフトである。

さて小山田、宮本、梶本、三輪、小林各選手を見れば、
堂上、智勝、丈武、比嘉よりも成績は落ちる。
松尾、浦川よりも完成度は低い選手が指名されている。

やはり。リーグレベルの成績は参考にならないと言う結果が
出たようである。
年齢と将来性、NPBスカウト達の望む物が解った(白川は謎)

それよりも、事前の情報と言う物が如何に当てにならないか、
をガイナーズファンは思い知らされた事だろう。

私の予想で、松尾、比嘉は実力で推したのだが小山田は
”内定”が”育成枠”とある事から確実だろうと予想した。
そして問題の上里田だが、彼の実力は常々認めていたが、
故障の事が有り、半信半疑だった。

ところが、梅造さんのブログコメント欄に、ある情報が載った。

>明日のドラフト。アガリ広島、小山田ヤクルト、ひろしロッテ、
あともう一人…意外な選手がロッテ育成で。
岸ケン、ソフトバンク(これは決まったよ)って夢見ちゃった!
Posted by ひげダンス at 2007年11月18日 22:54

中々に詳しい内容で、私の仕入れた上里田広島指名との情報に
一致したので、上里田を推したのであった。


ところが、何故か突然発表されたFD首脳陣の顔ぶれを見て
驚いた。

監督定岡智秋、コーチ宮崎一彰である。

同じく梅造さんの所にこんなのがある。

>監督は〇〇の兄貴、コーチは〇徳出身の若僧、もう一人も
アレレ?の…お先真っ暗トリオの首脳陣が決まったみたいやで…優勝は10000%見込み無し…
これでFDもとうとう終わりになったぜよ!!
Posted by 犬神家 at 2007年11月05日 01:16

つまり、11月5日の時点で定岡正二の兄貴定岡監督、
明徳出身の宮崎コーチは決定していた事になる。


この情報をコメントしたのが先述の人物と思われる。
かなり内部情報に詳しい。

そう言う訳で、宮本ロッテ、もう一人...意外な選手が,
つまり、誰も予想出来なかった白川の指名を言い当てている。
となれば、それ程正確な情報を持った人物のコメントを信じれば
上里田、広島指名は内定していたが、広島に裏切られた、
可能性が強くなる。

そう言えば、ひろめ市場でドラフト会議を見ているニュースには
小山田、宮本、上里田の3人が仲良く並んた姿が映っていた。

上里田は悔しくて昨夜は眠れなかったのでは無いだろうか。
小山田、宮本が指名されただけに彼の指名が裏切られたのだ
としたら、残念で仕方が無い。


NPB球団の”育成枠”の使い方次第。
念願の多数の指名を受けたが、予想された選手の多くが
指名から漏れた。
それでも今季育成枠で指名された15名の内5名がリーグ選手
確実にNPBの夢への扉は広くなっている。
その結果だけを見れば「育成」は、なされていると言える。

しかし6名の指名が有りながら、今季リーグのベストナイン
からは一人も指名されなかったと言う事実も残った。


リーグレベルの低さを物語っている。


ブログトップへ



【関連する記事】
posted by T−Rex at 08:23| Comment(7) | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高知FDからは、いずれも育成枠で

小山田 → 東京ヤクルト
宮本 → 千葉ロッテ
白川 → 千葉ロッテ

以上の3名が指名を受けました。
小山田選手、宮本選手おめでとうございます。

素直におめでとうございますと言えないのが、白川選手。
どんな裏技を使った?ILでの成績もひどいものだし、身体的な有利も考え難い。
唯一、考えられそうなのは年齢的有利。でも、同じ歳の高井はスルーしている。
不思議だ。奇怪だ。シーズン終盤白川が出てくると守っても、打っても
目を覆いたくなるような結果が多かったのだが・・・
情実入社ですか?
大いに注目させてもらおう。1年、いや半年で退団なんてことにならないだろうな。
育成とはいえ、一つの席を取った責任はあるんだから中途半端な結果じゃ納得せんぞ。



さて、来季はキャッチャーがいません。
トライアウトに期待するしか無いのでしょうか?
トライアウト時に捕手登録だった彼を復帰させられないものでしょうかね?



そして、今回選に漏れた選手の皆さん。
傷心の方もいらっしゃるでしょうし、また来年と気持ちを奮い立たせている方もいるでしょう。
残念なのは、そういった選手のケアができるスタッフが現在の高知に居るのか?
藤城監督、森山、小牧両コーチを退団させたまま後任人事が進んでいない状態で
目標に届かなかった選手達に至らなかった点を認識させ、今後の動向を決定させる程の
力量を持った指導者が選手の傍に居るのでしょうか?
残った選手達をほったらかしにしているのであれば、現経営陣はトンでもない人でなし。
若者の夢を応援するなんてカッコ良いこと言っても、何にもしてないじゃんか。
って、ことになると思うんですがね。

GM、代表
早い事、無能なホラ吹き野郎じゃない事を見せてくださいね。


と、書いたところでニュースです。(気づかんかった)
19日、元プロ野球ダイエー(現ソフトバンク)で2軍監督などを務めた
定岡智秋氏(54)が監督に、高知県出身で元プロ野球西武の宮崎一彰氏(32)がコーチに
ともに12月1日付で就任すると発表した。

ドラフトに合わせて「とりあえず発表」でしょう。
コーチは1名?ピッチャーは誰が見るんですかァ???
社長も33歳でオーナーの同級生みたいだし、お仲間で和気藹々とですか?
お目付け役を置かないのは院政を敷きたい某氏の意向でしょうかね?
もう一度、書いておこう。

無能なホラ吹き野郎じゃない事を見せてくださいね。
Posted by クウワンタ at 2007年11月20日 14:26
ILで活躍し、ガイナーズを優勝に導き、ベストナインにも選ばれ、誰もがこいつは間違いなく即戦力に近い?と思ってた選手が選ばれない。 T-Rexさんがおっしゃるように、これがILレベルなんでしょうね。 そして、ドラフトの結果から選ばれるだろうと思っていて、選ばれ無かった選手は、彼らはもう、伸び白が無いって事なんでしょうね。
Posted by キラ at 2007年11月20日 17:02
>キラさん
伸び代が無いとスカウトに思われたのは間違いないでしょう。

それでも、NPBで通用する実力があれば指名された筈です。
リーグのトップレベルの実力が認められていない証拠です。
トップはあくまでもリーグ内のトップでしか有りません。

NPBが欲しいのは(将来)1軍で活躍する選手であって、
2軍で活躍する選手では有りません(笑)
たまに2軍に勝ったからと言って喜んでいるレベル
そんなレベルで伸び代が無い選手は要らない、
と言うことでしょうね。
Posted by T−Rex at 2007年11月20日 19:15
 言いづらくても、育成選手制度の廃止をNPBへ訴え続けなければいけないでしょうね。(支配下保有枠を10人増やせば足りること)
 別の話ですが、かつて、プロ野球も学生野球などに比べて傍流・日陰扱いをされていた時代もありました。 それを払拭するには10年も20年も関係者が努力したわけです。 まだ、ILはその段階にあります。
 そして、単に社会人(企業)チームと所属選手の実力が並ぶだけで、その過程が完了するのでなく、その背景にある人脈などが(長い歴史のある社会人と)伍していけるようになって初めて成人したと言えるようになるのかも。
Posted by 南国から来た寒い香具師 at 2007年11月20日 21:26
>南国から来た寒い香具師 さん
育成枠が無くなると、リーグ選手の指名は無くなる訳で(笑)
難しい所です。

いっそのこと、社会人(企業チーム)が無くなれば、
簡単ですが、

リーグの経営者は余りにも胡散臭いので、
リーグよりも社会人の方に残って貰いたいです(笑)
Posted by TーRex at 2007年11月20日 22:57
>育成枠が無くなると、リーグ選手の指名は無くなる訳で(笑)
難しい所です。

 私の考えているようなことは承知の上で書かれているのは承知のうえで、あえて書いておきます。
 育成選手制度は、選手を安く使い捨てるためにあるものです。 一旦、選手になった人間でも野球三昧でその後の一生を送れる者は過小です。
 たとえ、短期的には苦しくても良識あるアマチュア指導者と足並みをそろえて「育成選手制度の廃止と支配下登録枠の増加を」訴えないと長期的には選手自身のためになりません。
Posted by 南国から来た寒い香具師 at 2007年11月21日 19:31
>南国から来た寒い香具師 さん
そうです、それが一番いい方法でしょうね。

ところが、リーグでも構わないから野球を続けたい。
1軍でやれなくても、兎に角NPBへ行ってみたい、
と言う選手もいる訳で、
そう言う人達にとっても、金を出したくない球団にとっても
育生枠は有り難いシステム。

これが、私の言う難しい所です(笑)

今回指名された5名も、それが無ければ、
きっとNPBへは届かなかった筈です。

Posted by T-Rex at 2007年11月22日 00:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。