2007年11月19日

不作の年

最初に香川OG三輪選手、6位指名おめでとう。
私の予想は大きく外れた(笑)

何とも厳しいドラフトだった。
今年ほど指名選手の少なかったドラフトは記憶に無い。
上位指名は3人の投手に集中するのは解っていたのだが、
問題はそのあとに続く選手である。

優勝した中日が残留選手が多い為新人を入れる枠が少ないのは
解るのだが、僅か2人を指名しただけで横浜、西部、ソフトバンク
オリックスが早々と選択を終了してしまった。
巨人、阪神、広島、楽天も3人である。

9チームで指名されたのが僅かに22人。
通常一チーム5〜6人であるので、少なくとも45〜50人は
指名されても良いのだが。

それだけ今季は将来性のある選手が少なかったと言うことだろう。

その中で私が全く予想していなかったOGの三輪選手が
ヤクルト6位指名と言う栄冠を勝ち取った。
堂上、智勝、丈武を追い越しての指名だから嬉しいだろう。
ただ、昨年の角中のような契約金500万何て事が無いように
願いたい。

昨年は伊藤投手と指名を争ったそうで、1年後の本指名は
見事だが、私は?であった。

さて問題の育成枠だがヤクルトが予定通りFD小山田を指名。
ロッテがFD宮本、IS小林 、何故かFD白川????
オリックスがMPの梶本を指名したに留まった。

松尾、比嘉、上里田の名前が挙がらなかったのは残念である。
私の予想は当らなかったが、”トヨカチ”さんが
直前に出した予想がズバリ的中している。オミゴトである。
それでもMP梶本、FD白川の名前は出ていない。

梶本は松尾と最多勝を分けているが、例のISいじめだから、
と実力を認めていなかったのだが、長身と年齢が有利に働いて
将来性を認められたのだろう。
同様にIS小林も今季は奮わなかったが、見様によっては、
と言う所か。

最後の最後に指名されたFD白川。
分割ドラフトでプロテクトされず、唯一人指名されず残った。
来季はIS移籍が決まっていたのだが、何故かロッテが指名。

”将来性”と言ってしまえば簡単だが、恐らく彼の将来性を
認めるのはリーグの関係者、ファンの中にもいない筈である。

今回指名された他の5人については、それなりに納得する所も有り
松尾、比嘉、上里田の指名が無くても、堂上、智勝、丈武が
予想通り指名されなかったのも仕方が無いと言える。

しかし、この白川の指名だけはその要因が解らない。
これは謎である。


さて、小山田は、ある程度確定に近かったので、安心したのだが
直前予想で希望的観測で名前を挙げた宮本の指名には
少し驚きもあったが、過去のリーグ選手の指名の中で一番
嬉しかった。

この事は明日の記事で書こう。



ブログトップへ













【関連する記事】
posted by T−Rex at 16:34| Comment(0) | ドラフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。