2007年11月13日

データーの読み方2

ヤクルトとの交流戦のメンバーが発表された。
NPBドラフト前のこの試合には大きな意味がある。

出場する選手には申し訳ないが、時期的にこの試合で少々の活躍を
しても、新たにドラフト指名選手リストに加わる事は難しい。
既にリストアップされている選手の確認程度になるだけである。

その意味もあり、今回この試合を取り上げたのは、選抜された
選手に面白いデーターが隠されていると思ったからである。

【投手】
天野浩一(香川) 岡本健太(香川) 金子圭太(香川) 高尾健太(香川) 塚本浩二(香川)橋本亮馬(香川) 亮寛(香川)
浦川大輔(愛媛) 小山内大和(愛媛) 森琢哉(愛媛)
【捕手】
堂上隼人(香川) 山本遼太(香川)
【内野手】
国本和俊(香川) シェパード(香川) 丈武(香川) 智勝(香川) 三輪正義(香川) 若林春樹(香川)檜垣浩太(愛媛)
【外野手】
井吉信也(香川) 近藤洋輔(香川) 町田雄飛(香川) 大島慎伍(愛媛)

投手にOG松尾、野手にMP比嘉の名前が無い。

これが何を意味するのか。
以前データーの読み方を書いたが、実はデーターと言うのは
残された数字だけでは無い。
その数字に表れないデーターを読むのも、又野球の楽しみ方
なのである。

昨季FDとOGとのCSでFD藤城監督が、勝敗を左右する程の
失策を重ねている角中を先発起用した。
結果彼は3度の決定的な失策を犯し、FDを敗戦に導いた。
CS勝利には角中を守備から外しDHに起用せよと書いたが
その裏にはNPBスカウトの想いが強かったのだろう。

結果、最終戦で本塁打を放ち見事に指名された。
その裏には、FDのCS敗退、相原、高梨の退団と言う代償も
ある。
同様にOG深沢は後期NPBスカウトの前で登板過多と言えるほど
そのピッチングを披露し続けた。

NPBスカウトの意向は、それ程選手の起用に影響するのだが、
今季フェニックスリーグでのFD小山田捕手の起用を見れば
一目瞭然である。

ヤクルトとの1回戦スタメンでマスクを被った小山田は、
しつこい位の盗塁を3連続刺殺した。
これは彼の肩を試す盗塁である事は、間違いない。
その後、ヤクルトからの指名内定報道があると、突然姿を消した
つまり、スタメン(堂上が来たのもあるが)どころか、
途中からもマスクを被る事は無かった。

反対にOG堂上はBCリーグとの試合の後もアピールし続けた。

このフェニックスリーグもう一人昨季のOG深沢投手以上に
アピールし続けた投手が居る。
MP浦川投手であるが、彼の起用にも昨季のFD角中の陰を
感じる。
そして最後の最後に故障と思われたFD上里田の連投にも、
NPBスカウトとリーグ側の裏取引が臭うのである。

話を戻すが、FD小山田の起用。これこそが今回ヤクルト戦、
OG松尾、MP比嘉両名の名前が抜けている原因ではないか?
(両名が故障しているのなら、話は違ってくるが、考えにくい)

松尾投手は間違いなくリーグナンバーワン投手であり、
比嘉選手は今季西濃運輸からの参加で、あっさりと首位打者を
獲得した、何より20歳と(角中同様)年齢の有利さがある。

小山田の様に指名内定であれば、他チームのスカウトの目には
触れさしたくない、とのスカウトの意向が働いた、とも取れる。

(昨季OG深沢はロッテがFD角中以前に指名予定だったが、
 あっさりと巨人に浚われたとの話もある。)

19日のドラフトを控え、多くの情報を整理し、データーを
揃えるのだが、NPB側の育成枠対策がハッキリ掴めないので、
意外と多く指名されるのか、昨季並みなのか解らない。

それ故今回は予想を躊躇ったのだが、今回のヤクルト戦選手発表
を見て、この2人は.......と想ったのである。

付け加えるならば、MP浦川、OG堂上は指名当落線上に居る、
と言えるのかも知れない。
そうなれば完封、本塁打が必要だろう。
OG智勝、丈武、MP檜垣、FD宮本等がこれに続くのだろうが
敢えて予想はしないでおく。


ブログトップへ











posted by T−Rex at 18:30| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。