2007年09月22日

意味不明

FD存続に向けての署名運動が始まっている。
反面IBLJの対応は募金活動.....

この募金活動ほど意味不明なことは無い。
名目はFDの資金難援助であるが、その期間も異常に短い。

リーグ関連の募金活動は過去2回行なわれている。
(災害募金を除く)
初年度終了前から行なわれたISサポーターによる
バッティングマシン購入の為の募金。
昨季行なわれたMPのバッティングマシン募金である。

前者はおよそ70万、後者はおよそ100万の募金を集め、
それぞれマシンを寄付している。

この実績をIBLJ側は知っている筈である。
リーグ関連の募金は100万位しか集まらない。

7000万以上赤字のFDに100万の援助が何の役に立つのか?

無いよりもマシ、何て言葉が通用する金額ではない。

まして今季赤字は補填される予定で、赤字は0になる筈である。
「300万以下のスポンサーは要らない」と嘯いていた経営者は
此処に来て誠に意味不明な募金活動を開始したのである。

FD団長の開始した署名運動はIBLJの理念に訴える意味で
大いに期待できるものがある。

そもそも石毛氏の唱えたアイランドリーグは
O若者に夢を与える場所、NPB選手育成
O地域密着、四国に根付く


だった筈である。しかし地域密着の主旨は当初から行なわれて
おらず、地域の企業やファン獲得の為と、各県の助成を得る為の
口実に過ぎなかった。

四国4県の中で観客動員数が最も望めないのは、全人口、企業規模
ナイター設備の関係で高知県である事は最初から解っていた事
であり、そのハンデイはリーグ全体の問題とする筈だった。
ところが思わぬ赤字に驚いた経営陣は地域問題よりもリーグ存続
赤字分の回収に走ったのである。

高知を貧乏県(事実だが)と馬鹿にしている香川OGファンは
裕福な筈の香川の財力は既に徳島に持って行かれているのを
理解しているのだろうか。

りーグに最も投資しているのは、徳島のあるグループである。
現在IBLJはそのグループの経営なのだが表に出ているのは
鍵山氏が社長をしている”ファンキータイム”である。
つまり、徳島の企業が香川のOGを所有し、香川にIBLJの
本社を置いている。
これは香川の企業をスポンサーに取り込む為であり、
他県の利益を得る一種の商業行為である。

これは利益追求を行なう正当な行為だが、地域密着と言う
当初のリーグ理念からは大きく外れてしまう。

香川OGは香川の企業が経営してこそOGの地域密着が図られる
のであって、愛媛MPは兎も角、おいしい所は頂いて(OG)
まずい所(FD)は捨ててしまうのでは、地域密着と言う言葉が
わざとらしく聞こえる。

まして、それをやっておいて「赤字ですから寄付をお願い」
では、集まるものも集まらないのではないか。

3年間の実績結果から、観客に頼る入場料収入では球団維持が
出来ない事が解った。
存続する為には大手スポンサーと球団独自のスポンサー集めが
必須条件となった。
FDの場合球団独自のスポンサーは今後も期待出来ない訳で
現状では消滅の可能性が強い。

唯一つの望みは、団長の行なっている署名運動がIBLJの
利益追求の姿勢から、当初の地域密着の理念を揺り動かして

アイランドリーグ=四国と言う一つの地域

に立ち返るのみだが、
元々四国生まれでもない九州出身の鍵山社長の事、
地元とか地域密着と言う言葉には反応しそうも無い。

それが今回の募金活動に、良く現れているのではないだろうか。



ブログトップへ












posted by T−Rex at 22:10| Comment(6) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
団長が署名用紙を持って駆けずり回っているというのに、
リーグ側の募金は球場に行かないと出来ないって、
なんかおかしい・・・。
どうせやるなら、リーグの方から、
人手が無ければボランティアを募ってでも
外に出て行く位の事はしてもいいんじゃないかと
思いますけどね。

きっとホーム最終戦は見納めとばかりに、
これまで余り来ていなかった、
あるいは初観戦という方たちも集まるのでしょうが、
そういう方達からの協力というのは余り望めませんよね。
しかも平日ですし。

この募金の件に関しては私も理解しかねます。
「FDを支援するため」では余りにも曖昧。
FDの何を支援するのか、その意図さえ明確なら
出来るだけの協力をしたい気持ちはあるんですが・・・。
Posted by キリン at 2007年09月22日 23:17
>キリンさん
団長のFDに対する思いは頭が下がります。

ジーノさんも様子を見るって言ってます。
それ程に難解な募金活動ですね。

速報部隊の募金の方が解り易かった(笑)
Posted by T-Rex at 2007年09月22日 23:30
高知新聞にも書かれていた募金活動。
また「募金活動」ですよ。
私もたまたま今日そのことについて書いたんですが
やはり皆さんも同じ事を思っているんですね
当たり前か。
鍵山氏はまさか朝倉からヒントを得て
実りの箱募金を始めたんだったりして!!

理解不能な事がこのリーグではよく起きる。
こんなことが起きているのを
とてもこっちで話す気になるわけがない。
恥ずかしいよ、本当に。
Posted by 梅造 at 2007年09月23日 00:32
形だけでも高知存続を訴えるつもりが
経営と同じでビジョンもへったくれも無いから
ただの茶番としか映らない。進歩無し。

球場に行けば友達と一緒にポケットの小銭を
グランドに投げてやりますか。
「鍵山。ほれ、有難く拾え。」とね。
Posted by 板尾の嫁 at 2007年09月23日 01:42
初年度解雇選手の為の、企業紹介って言うのがありましたが、

それが発表されたのが3日前で、それよりも可笑しいのが
その会に出席する企業を募集したのが1週間前でした(笑)
結局説明に来たのは3社で、それを聞いた選手は6名。
そして誰も就職しなかった。

その程度の事でしょう(笑)
Posted by T−Rex at 2007年09月23日 02:09
高知新聞に載ったFDファンの方2名。
どちらもファンらしく残す為に!と熱弁ですが、
あの内容では、野球、特にFDに興味の無い方には
何も届かないでしょう。
3年間観客増加に無策だった球団と同様に
自分らの楽しみを維持したいから、他者に金出せと
言っているようにしか読めません。

募金や署名といった行動が「何の為に」?
その点がクリアにならないと趣味の押し付けになりませんか?

冷ややかな目で見ている者からは
無くなって何が困る?の一言で片付けられます。

一部のコアなファンの為に、在り続けるチームなら
コアなファンの方々が支持すればヨロシ。
サークル内でしか行われなかったような
「ファンの集い」ばっかり楽しんでいた方々は
贔屓の引き倒しになった事実に向き合って
募金や署名といった行為を行って欲しい。
Posted by 板尾の嫁 at 2007年09月23日 11:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。