2007年09月15日

西川では点が取れない!! 2

高知FD10−5徳島IS  土佐山田スタジアム
優勝争いに水を差すようなふざけた試合だが....


何よりも、5失点している投手を引っ張って9失点するまで
続投させるIS白石監督の頭の中は???

最終回3つの押し出しに加え、外野手の落球で4失点。
気の抜けた展開にFD藤城監督がヒーローインタビュー拒否。
緩みかけたFDが、これで更に躍進しそうな予感。

さて、昨日の記事だけではFD西川投手や彼のファンに悪いので、
言い訳がましく(笑)少しデーターを読んでみよう。

まず、西川のような投手はメッタにいない。私が記憶する中でも
5〜6人である。
彼等は四死球を連発する訳でもなく、球威やコントロールが無く
打たれまわる訳でもない。
どちらかと言えば、投球だけ見れば上位のランクに位置する。
ただ持ち前の投球動作が野手と上手くかみ合わないのである。

FDにいた相原と元MP前田が思い当たるが、相原の場合は
彼の異常すぎるモチベーションがナインを萎縮させる場合が
多かったが、それをねじ伏せる投球が上回り、勝利を掴んだ。

前田の場合、失点は少なかったが、独りよがりの投球は
(特にランナーに対する牽制球の多さ)は野手陣のやる気や
注意力を散漫にさせ、結局打線の援護を受けられず沈んだ。

最多勝利を記録した相原と結果を残せず沈んだ前田には、
何の共通点も無いようだが、野手との相性が恵まれなかった
と言う投手としては致命的な欠点があったのである。

良い投球をしているのに、何故か勝てない。
これ程可哀相な事はない。

昨季入団して来た西川は登板したのを見る事が出来なかった為
今季の活躍に注目していたのだが、4月15日のIS戦を見て
嫌な予感がしたのである。

それは4月27日のOG戦で確信する事が出来た。
完投完封したにも拘らず、0−0で終了したのである。
(初年度8月26日FD上里田が四万十球場でISと0−0、
この時はノーヒット)

それからは、西川の登板ごとに得失点を注目してきた。
それでは、そのデーターを見てみよう。
彼は現在9勝9敗、FDではダントツで勝利数が多い。

4、 7 OG 3−2
4、22 MP 3−2
5、17 MP 6−3
6、16 MP 5−1(彼の登板中3−1)
6、30  I S 2−0
8、17  I S 7−1
8、26  I S 2−1
9、 4 MP 9−2(5−2)
9、 7  I S 4−1

であるが、MPの梶本同様(12勝のうち10勝がIS)
4勝はISであるので勝利数ほどの実績ではない。
それ程、今日の試合のようにIS戦はデーターとしては使えない。
参考程度にするだけだが。

西川が投げればFD打線は34回登板中MPから5得点、6得点
が1回ずつしかない、3得点が2回あるだけである。
同様にOGからは3得点が2回あるだけで開幕直後の1勝以外に
OGからの勝利は皆無である。


先発した負け試合を見ればなお悲惨になる。

4,15  I S 1得点2失点(5回)
5、11 MP 0得点1失点(9回)
6, 1 OG 0得点1失点(5回)
6、 8 OG 0得点6失点(3回)
6、20 OG 0得点2失点(5回)
7,20 OG 1得点2失点(5回) 
7,27 OG 3得点4失点(6回)
8,11  I S 2得点3失点(5回)
8,31 MP 0得点1失点(7回) 

これを含め、彼は25回の先発をしているので勝敗に関係のない
試合もあるが、失点が多く得点できない試合である事は、
データーを見るまでも無いだろう。

先発投手として5回までの失点を見れば、十分な結果を残し
リーグレベルはクリアーしているのだが、
打線の援護が無かった、の一言では
片付けられない野手との相性が浮かび上がる。

特に西川以外には、さして勝利していない投手が並ぶ中で、
優勝争いに絡んでいるのは、FD打線が強力な証拠だが、
その打線さえ西川には味方しない。

そして、一番悲惨なのは、相原や前田のような野手との相性が
悪くなる原因らしきものが、見えない事である。

真面目な投手だけに余計に残念である。



ブログトップへ












posted by T−Rex at 20:02| Comment(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三振を欲しがる投手はリズムが生まれ難い?

抜群の実力を持ち、スパッと三振が取れれば良いが
微妙なコントロールで打たせて取るのではなく
三振を狙いに行くと投球数が増え
野手陣も緊張と弛緩が多くなりリズムが狂うのか?
追い込んでからが長い投手の場合は
そんな風に見えます。

ポンポンと気持ち良く打ち取り
攻撃に移れば野手も試合に乗り易くなるのでは?
球半分の出し入れに拘り、打者というよりも
主審と勝負をしているような投球が続くと
観戦している方ですら疲れてくるのに
守備陣に狂いが出てこない訳ない。

そんなところですかね。
Posted by 板尾の嫁 at 2007年09月16日 00:08
西川の場合は三振を狙っているようには
見えないんですがね(笑)

投球のリズムが少し気になる程度ですが
データーを見れば、顕著に現れています。
Posted by T-Rex at 2007年09月16日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。