2007年09月06日

番外編

高知FD9−2愛媛MP  高知市営球場
梶田 盗塁3塁 セカンド郷愁ヒット1点 ....


MPの躍進が何処まで本物になっているのか、
少し気になったので久々に試合を見てきた。
平日なので、観客も少ないと予想したが、数えてみると56人
これが公式では000人相変わらずだが(笑)

案の定、MP浦川、FD西川では、さして点が入らない展開。
それでも初回本塁打を含む2点先行された裏のFDの攻撃、
サードに右中間を割る2塁打と盗塁の國信をサードに置き、
最近売り出し中(三番定着)の梶田。
外角よりの球を見事にミートして強い当たりのゴロをセンターに
弾き返した。
MPセカンドの比嘉が横っ飛びにこの打球に喰らい付こうとしたが
グラブの先に当てるのが精一杯だった。

4回裏日高のスクイズで同点としたFDは5回にも2死ながら
2.3塁に走者をおいて迎えるは四番マサキ。
初球ライト側、2球目バックネットとファールを打ち、
打ち気満々だったが、結局打ったのは大きなライトフライ。
やはり点が入らない試合かと思った瞬間、
ライトの田口がセカンドの比嘉のほうを見ている。

比嘉が右手で上空を指差して大きく叫んでいる。
田口が再び上を見上げた瞬間、彼の2メートル程前に打球が
落ちて来た。
太陽が目に入る位置でもないし、雲ひとつ無い青空でもない。
不可解な行動である。

この間に走者はホームインして2点勝ち越し、4−2となる。
マサキは2塁に達した。
(このままFDが勝利したので、この試合も勝利打点の付かない
試合となった、ILの試合は特に多い)


田口は直に長崎と交代させられたが、その長崎を
FD五番古卿の打球が襲った。
定位置よりやや前で守っていた長崎とセンターの間に
鋭いライナーが飛んで来たのである。

右斜め後方に走りながらワンバウンドでこの打球を掴んだ長崎
が、センターのグレアムの方を振り返って一瞬不思議そうな
顔をした。

実はこの打球、真っ直ぐ落下地点へ走っておれば長崎が
難なく捕球出来ていたような当たりだった。

恐らく彼はセンターライナーと勘違いして、カバーに走った
のでは無いだろうか。

私はライト後方からこの様子を見ていたので、田口の落球に続いた
このプレーをハッキリ見る事が出来たが、やはりMPのレベルは
この程度の物であった。
そろそろ西川にもツキが廻ってきたのかも知れない。
これで私は帰ることにした。

驚いたのは帰って速報を見返した時である。
この日の速報は”らっく”であるが、此処で先述のコメント。

梶田 盗塁3塁 セカンド郷愁ヒット1点 ....
盗塁が國信の名前が無い事や、強襲が郷愁になっているのは
笑えるからいいのだが、問題は別な所にある。

あの当たりが何故、セカンド郷愁(強襲)になるのか?である
同じ様に5回の古卿の打球も、”ライト前”になっている。
ライトの長崎の前には違いないが(笑))
久し振りに更新されたタマヲ姐御の記事でも、”ライト前
一体彼等の速報にはこのようなデタラメな解説が幾らあるのか?

これならタマヲ姐御の”國信ヒット"はひどすぎるが、
國信ライトヒット”位で留めておく方が無難である。

加えてらっくの解説をT.Aが訂正しているが、肝心の山伸の
四球出塁が抜けている。

野球速報には何が重要か?おがわ君では無いがもう少し
勉強をする必要が有るのではないだろうか。


それとも、ボランティアでやっているから文句は言うな!!
なのか(笑)




ブログトップへ



posted by T−Rex at 07:20| Comment(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。