2007年06月08日

観戦

厳しすぎるかも知れない記事(実際には無理だろうが)に続いて、
観戦している私達(最近余り見てないが)について。



昨日U22日本代表のサッカーの試合を見ていて、
ふと思った事がある。
前半で早くも2点リードしてサポーターの皆さんは上機嫌、
顔に日の丸を入れて、サムライブルーのユニフォームを着た
集団が試合中ずっと飛び跳ねていた。

サッカーの応援は派手である。
これ程賑やかな応援は他のスポーツでは余り見かけない。
応援していると言うよりも、試合に参加しているみたいである。

ところで、テニスやゴルフではプレイ中は声を出したり
拍手は厳禁である。
プレイヤーの集中力を妨げると言う理由からだが、
では、サッカーや野球は選手の集中力を邪魔する雑音は
何故許されるのか?

これは音楽の世界でも同じ事が言える。
クラシックコンサートでは咳払いさえ恥ずかしいのに、
ポピュラー音楽では手拍子足拍子である。
ノリがいいのはプレイヤーと観客の一体感を生む。

この違いは何処から来るのだろうか。
簡単に言えばスポーツも音楽も観客が静かなのは上流社会の
物であり、騒がしいのは一般大衆の娯楽であるからなのだが、
それ以外に、基本的に違う物がある。

つまり、プレイヤーに対する尊敬が有るか、無いかの違い、
言い換えればプレイヤーの技術を観察する能力、気持があるか

ただ一緒になって騒ぎ、喜びたいのかの違いである。

要するにサッカーや、野球を観戦している人達は低俗である。
と言ってしまうと実も蓋も無くなるが、
許された行為であるから、上品も下品もないし、
それがプレイヤーの集中力の邪魔になるから止めろという気も無い。

ところで肝心の野球だがリーグ同様NPBの試合を見ていても、
応援団が鐘や太鼓を鳴らして騒いでいる。
メジャーリーグの試合では、会場のスピーカーからは
テーマ音楽や、効果音が流れているが、
観客が、集団で鐘や太鼓を鳴らして騒いでいる姿を見た記憶が
無い。
(タバコを吸っていると、掃除のオバサンがずっと後ろに
付きまわる)
BS放送の中継では、投球の音が異常にマイクの感度を上げ
ミットに収まる。

つまり、投手と打者が真剣勝負をしている時は、互いの集中力を
邪魔しないように、観客は黙るのである。
あれ程五月蝿いアメリカ人でさえ黙って見ているのに、
日本人は、と言う事になる。

長島が「打球の音が聞こえるような試合があっても良い」
と言った事が有ったが、それ程に日本の観客はお祭り騒ぎである。

アメリカではプロスポーツは生活向上、いや貧しい生活からの
唯一の脱出手段であり、それを成し遂げたプロ選手への尊敬は
生半可な物ではない。
それ故、選手の集中力が必要な瞬間は、邪魔にならないように
黙るのであろう。

残念ながら、日本ではそう言う意識が薄いらしく、
観戦して楽しむよりも、参加して楽しみたい観客の方が
多いみたいで、サッカーファンもどきの野球ファンが多い。

まして、観客動員数を増やす為に肝心の野球レベルを上げないで
各種イベントで集めようとする経営陣や、それを望むファンの
意見が出て来る現状のリーグでは、選手にプロ意識を持て、
と言う方が間違っているのかも知れない。

試合に参加したい気持は解らないでも無いが、
幾ら参加した気分になっても、そこは選手とただの観客
仲間意識を幾ら持とうとしても、所詮無理がある。

せめてプレイ出来ないのだから、少しはルールでも勉強して
選手のプレイを理解してやらなければ、失礼にあたるのでは
無いだろうか。

応援していると言っても、実際は選手の集中力を邪魔している
ファンの皆さん。

プレイの区切りに声援や鳴り物が有るのは結構な事だと思うが、
参加するばかりでなく、目立とうとする輩が多いのも
困ったものである。

低レベルのプレイを応援する観客が低レベルの事をしていたら
まともな観客は寄り付かなくなってしまう。



ブログトップへ


posted by T−Rex at 10:48| Comment(3) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎回、実に興味深く読ませていただいてます(笑)

野球の観戦というか、現在のNPB応援スタイルの元祖は6大学野球の慶応だと記憶しています(間違っていたらスンマセン)。それがNPBの広島のファンの方々が取り入れて各チームの応援団に広がっていったという話しを聞いたことがあります。良くも悪くも鳴り物を使うのは日本の文化ですね(笑)

ILも開幕当初は鳴り物禁止だったんですが、いつのまにかなし崩し的にNPB的応援スタイルになってしまいましたね。個人的に思うのはILは独立リーグだし、IL独自の観戦スタイルがあっても良いとは思うんですけどね。うちの団長も「まずはNPBの応援方法からはいって、IL独自の応援を」とか考えてるみたいですが・・・なかなか、難しいですね(涙)

そんな事よりも、問題なのは選手のプレイですね。長い選手はもう3年もILでプレイしているのに、成長しているとは言いがたい選手が多いです。昔と同じような打撃や同じようなエラー・・・

各県の観戦仲間と話していても「成長の跡が全く見られない」と嘆いている人は多いです。

初年度からのファンも(初年度からのファンだからこそ?)今の試合内容には不満をもっています。今のままでは、まともな観客どころか、初年度からの熱心なファンすら寄り付かなくなってしまうでしょう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今日はサパスタ行って久しぶりにOGも見ましたが・・・うーん・・・引き分けたけど、OG打者が山隈の初球ストライクをことごとく見逃してくれて、山隈が有利に投球を組み立てれたから良かったものの・・
というのだけが印象にのこる試合でした。
Posted by いくろ〜 at 2007年06月09日 23:33
>いくろ〜君
応援ご苦労様でした。
団長は坊っちゃんで、ハム食ってたそうです(笑)

成長が見られないのは本当に辛いですね、
特に投手の質が落ちているのは見飽きました。

応援が観戦型から参加型になるのは観客が選手と
親近感が持ちやすくなったせいも有るでしょう。

逆に言えば、選手のオーラが無くなった、とも言えます。
Posted by T-Rex at 2007年06月10日 02:01
いや〜私はヤクルトを飲みに行きたかったですな(笑

選手の成長が本当に見られないですね。OGの一期生も当時とまったく変わっていないですし。同じような打撃に同じようなエラー・・・・・FDの選手も厳しい練習をしているはずなのにこの状態。

今シーズンは本当に見るべきトコロがあまりない試合ばかりで、ちょっと面白くないですね(涙)

投手の質に関しては同感ですね。せめてストライクは入るようにして欲しいです(><)

だいたい・・・イロイロ書きたいところですが、話がループするのでこの辺でやめときましょう(笑)
Posted by いくろ〜 at 2007年06月10日 07:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。