2007年06月01日

腐っても天野

高知FD0−6香川OG  高知市営球場
久し振りに友人に誘われ観戦となったのだが...


FD先発が西川、それに輪をかけOG天野と聞いて、
貧打線を覚悟して行ったのだが、

西川はそれなりに投げていたが、それなり....である。
開幕当時から見ていないOG天野も球威キレとも無くなり
すっかりリーグに溶け込んでしまっている。
NPBに帰る事は無いだろう。

それでも、要所は凌ぎ(FD打線のせいも有るが)8回迄
無失点、腐っても天野を見せた。

5回まで1失点で踏ん張っていた西川の崩れた原因は
余りにも頼りすぎるチエンジアップの使い方だろう。
この試合でも追い込んでからインコースへ投じて二人を
三振に取っている。

しかし、その決め球が、自分を追い込んでいる事に気付いていない。
つまり、その球を生かす為の配球になり、インハイ、インローの
ストレートが皆無になっている。

5回OG国本にフルカウントからライト線に落とされたのは
このチエンジアップの後の外角ストレートだし、
1死3塁で堂上に左中間を大きく割られたのも、
追い込んでからインコースのチエンジアップをファールされ
外角へストレートが大きく外れた後3球続けてこの決め球を
投じた。
2球共一塁側スタンドへ、おっつけてファールされているのに
余程自信が有るのか、3球同じコース、同じ球である。

試合速報で”山ちゃん”が”外角球”と言っているが
これは間違いで、全てインコースのチエンジアップである。
(速報部隊の方にお願いしたいのだが、コースを入れるのなら
バックネット裏から見るべきだろう、一塁側のスタンド上部
からでは、コース等解る筈が無い)

得意とするチエンジアップであるが、並みの打者(低レベルリーグの)
には通用するかも知れないが、堂上、森田あたりには
カットされる。決め球とはならないのである。

1死、3塁から森田にも、この球をファールされた後
力無く外角真ん中へ置きに行った球(スライダーか、
抜けたストレート)を高々とライト高井の頭上を越された。

余りにもチエンジアップを意識した配球と、
それ程たいした事の無いチエンジアップに頼り過ぎるピッチングは
彼の成長を止めている。
宮本捕手との今一度の工夫を考えないと、将来危うくなる。

FD打線であるが、ほぼ打線が安定して来た。
出来得れば三番日高と八番宮本が入れ替われば、ベストであろう、
前にも言ったが、三番日高では荷が重過ぎる。
梶田でも同じである。
打線はあくまでも、その場所に座る資質を持った者で
無ければならない。
現在の不調はそれを無視して調子の良い者を並べて使っていた
弊害である。
日高や土佐がいくらタイムリーを放ったからと言って、
長くは続かない、小山田を含め彼等を使い続けた結果が
FD打線を寸断している。

短期戦のトーナメントならそれも有りうるが、
長いシーズン、何より育成と言う事であれば、山伸の一番
宮本のクリーンナップは外してはならない所。

日高を育てるのであれば、昨季月間MVPを取った時に
育成するべきであったろう、その時には放置しておいて
今更旬が去った後に使っても、その実力は育つ事は無い。

首脳陣が現在の不振を何処まで我慢出来るかが、
後期のFDの躍進へと繋がるだろう。

山伸の復活は前期後半か、後期開始早々と予告した事がある様に、
ジックリと打線の復活を待つべきである。


話は変わるが、気になる事が2つ有るので述べておこう。
5回、西川に変わってソリアーノが登板したが、
その直後近藤の打球をサードのマサキがエラーした、
その後、ホームへカバーに走るマサキの顔が笑っていたが、
照れ隠しであろうと無かろうと、現在のFDの不振の原因を
垣間見た気がした。

彼はMP時代、「NPBがドラフトで指名しないのは、
僕の実力を認めていない、と言う事でしょう。」
と発言した選手である。
中々朗らかで、明るい性格らしい、FDの選手やファンにも
大変評判が良い。
しかし、それがFDの雰囲気を悪くしていると断言する。

少なくとも昨季迄のFDには、タイムリーエラーをして
悔し涙を流さない選手は居なかった筈である。
エラ−をして笑える選手、それを許す選手達。
進歩できる訳が無いと思うのだが。

2つ目は、5回終了時のイベントで大澤選手が盛んに観客を
笑わして拍手を貰っていた。
何故リーグの選手が笑いを取らなければならないのか?
彼達はお笑い芸人では無い筈である、

以前前川選手が、女装してチアガールをやらされた時
「高知まで来て、こんな事をやらされるとは思いませんでした」
と言っていたが、首になったのか、自分で辞めたのか解らないが
その後直ぐに退団した。
彼にとっては正解だったであろう。

笑いを取って喜ぶ選手、それを見て拍手するファン。

情けなくなるのは私ばかりでは無いだろう。

もう一度リーグの存在する理由を考えるべきなのではないだろうか。


”初心”に帰るとは...........。



ブログトップへ








posted by T−Rex at 21:53| Comment(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「一生懸命やっていても結果的に負けているからチンタラしているように見える」のだと強引に思おうとするんですが、ここ数試合観ていると、そう思うのもかなりしんどくなってきました(笑)
ごく一部、そうでないと思う選手もいますが・・・
T-Rexさんも以前書かれてましたが、その選手だけがブログをやっているために、ファンの矢面、不満の捌け口になっているのは気の毒でしょうがありません。
Posted by ウオッカ at 2007年06月02日 17:41
>ウオツカさん
当然一生懸命やっている選手の方が圧倒的に多いと思います。
結果が出ないのも相手がいる事ですから仕方ない。

しかし、元気が無いのは選手の責任ですね。
そして元気を無くさせる起用にも問題が有ると思います。

宮本一人に文句を言うファンは常識が解らない人達、
人気商売の辛いところ(笑)
Posted by T-Re at 2007年06月02日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。