2007年05月06日

狂い始めた歯車

高知FD0−3徳島IS 鳴門球場  
実質ノーヒットノーランの試合。


徳島IS先発角野投手が吠えた?みたいである。
気迫でISを引っ張って来た彼がようやく成果を出した。

投球内容や調子は解らないが、結果として1安打完封である。
敵?ながら天晴れだ。
対するFD先発上里田も、それなりに踏ん張ったが、
彼としては不本意な結果に終わった。

どうした事(失礼)か投手、打撃陣とも徐々に調子を上げてきたISとは反対に、FDの様子がおかしくなった。

MPは元々そう言う選手が多いので無理も無いが、
FDにおいては、そう言うわけにはいかない。

今季開幕当初FDには投手陣不足と言う大きな心配があったが、
それなりに勝敗を重ね、トップを走った時期もあった。
これには、西川を初め上里田、岸の踏ん張りに加え
打撃陣の好調(?)だった事が挙げられるが、
その好調とされた打撃陣の実態が明らかにされつつある。

まず、大きな損失となったのが、山伸の不調である。
昨季から座っていた三番の負担が現在の彼の姿を招いた。

彼の特徴である粘り、選球眼の良さは見事に無くなった。
今季一番に座ったとしても、前期は絶望と見る。
期待された長打狙い、早打ちは、彼を悩ませ続けるだろう。

そして、山伸に代わり一番を務めた國信、
彼には一番打者の資質は何処にも無い。
良くて二番打者である、それが古卿との一,二番コンビを
組み続け調子の落ちた時は二番に下がった。
古卿が調子を落とせば再びトップに座る。

昨季は安定した投手陣のお陰で、そのミスは隠されていたが
結果はひどいものである。

簡単に一,二番コンビと言うが、一番と二番では
先発と、リリーフ程の差がある。
この違いが、彼の二番打者の資質をダメにした。
本来ならば七番当たりに座る選手である。

山伸とのコンビ復活は、前期いっぱい組んだとしても、
後期迄はかかりそうであるが、恐らく山伸の一番定着は
なさそうなので、彼の復活(?)も期待出来そうに無い。
今季も物足らない成績を残す事になるだろう。

この二試合三番打者に古卿が座っている。
昨季山伸、今季日高が座っていたが、現状では仕方無い所。
宮本が復活しない限り、妥当とするが、少し荷が重い。
日高では無理だと言ったのはつい最近の事。

私が監督しておれば、此処にマサキを起用する。
四番よりも三番打者の重要性を感じる私は、
チームの最高打率打者を三番に据え、四番には打率よりも
勝負強さを持った選手を据える。

そして、最多出塁率打者をトップに持ってくるのであるが
FDや、他の監督は少し違っている様である。

話を元に戻せば一番山伸、二番古卿、三番宮本、四番マサキ
五番中村と言うのが理想であるが、一、三番を務める打者が
いない所から、全てが狂っている。
その為宮本本来の実力が潰されつつあるのは、残念である。
昨季彼を三番として育成出来なかったツケは大きい。
彼の復活を熱望する。

そして四番の重圧に潰されつつあるのが、中村である。
日高同様荷が重い、早く五番に下げてやるべきである。

古卿が三番、四番に中村では、マサキは五番となる。
そうすれば六番は宮本なのだが、一刻も早く、古卿との交代が
必要だと思われる。
新人の高井、白川それにトモの現況が解らないので七,八番が
難しいが、それ程の問題にはならない。
どちらかにDHがあるから小山田が座る可能性が強い。
九番は梶田定着が理想となる。

土佐には悪いが、レギュラー定着の能力は無い。
あくまで10人目の選手なのだが、
彼が9人目にいる事が、梶田や他の選手の育成を阻んでいる
と言っても過言ではない。

少なくとも、半分だけでもトモや、日高を彼の代わりに
使っていれば、彼よりも育っていた筈である。

彼等本来の実力からすれば、
1、山伸 2、古卿 3、宮本 4、マサキ 5、中村、
6、トモ、高井、日高、土佐 7、DH小山田、白川 8、國信
9、梶田 となる筈である。

それが何処からか、狂った歯車の様に旨く噛みあわない。
打線は、幾ら調子が良い者を並べても、幾ら強打者を並べても
繋がる事は無い。
繋がる為には、その実力と、持って生まれた打順に合った
資質が必要となる。

打撃はセンスであるが、それはミート力や長打力。
打順に合わせるセンスを持つ選手は数少ない。
選手の打撃に合った打順を与えるのが監督のセンスである。


これと同様に、先発投手は、リリーフできるが、

リリーフは先発投手にはなれない。


これも、精神的な事であって、体力的には無理がある。
調整の仕方が全く違うからであるが、
これが関係なく出来るというのは、そのプレイする環境の
レベルが低いと言う事に他ならない。

そして、レベルの低い者がこれをやれば必ず潰れる。
リーグの過去の投手は全てこれに当てはまる。
NPBへ行った投手はこれを、こなしたがリーグのレベルが
低いだけの事。

NPBで活躍出来ない、と言った根源は此処にある。

そして、クビにされた選手は当然の如くリーグのレベルよりも
低かったと言う事だろう。

かろうじて相原と高梨がリーグよりもレベルが高かったが
NPBよりも低かったに過ぎない。

いずれにしても狂った歯車は、中々元には戻らない。
リーグ全体の理想も狂い始めている。
昨季心配したレベルの低下は予想以上に進んでいる。

NPB2軍との交流戦ではレベルを上げているかの様に
見えるが、それはたまたまの事。
FD&MPがソフトバンクに勝ちOG&ISが負けた様に、
実力はその試合だけでは計れない。

3回に1回打てば好打者、半分勝てばエース格の野球である。
17勝2敗の投手が社会人で通用しない程度のリーグのレベル
果たして金を出して見に来るファンは増えるのか?

そして、最近のFDの投手に見られる新加入の選手。
NPBなら兎も角、地域密着を謳った地元球団のファンは
去っていった選手を応援するのか、それとも今居る選手を
応援するのか判断を迫られている。

程度の低いプレイを見せるリーグ全ての選手を応援するほど
寛容なファンが、それ程多く居るとは思えないのだが。


FDに関して言えば、新人の外人さんが勝とうが負けようが
まるきり気にならない(アガリの負けは気にする)
のが最近の私である。





データはTA氏のDATA Labを参考にさして頂きました。


ブログトップへ

































posted by T−Rex at 00:09| Comment(0) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。