2007年04月29日

勝利投手

高知FD8-7徳島IS  鳴門球場
得点だけ見れば、打撃戦みたいだが.....



昨日の香川OG戦は2安打で得点無し。
しかし今日は8得点、打線爆発化?と思ったら。

何の事はない、またまた両先発四死球連発、出てくる投手も
右に倣えだ。
最後に逆転打を放ったFD小山田は見事だが、
崩れかけた投手の苦し紛れの投球を捉えたに過ぎない。

投手が、まともにストライクを入れれば見事な貧打線。
やっとストライクを取りに来たボールしか打てない打線は
FDだけに限らず、猛打?を誇るOGでさえ、昨日のFD西川に続き
MP浦川に完封されている。

投高打低が、昨季の事、投並打低が今季の合言葉かと思っていたが
OG天野、FD上里田でさえ今のままでは、投低打最低になる。

まあ何度も繰り返すが、バッティングはセンスなので、
センスが無いから、このリーグに居る訳で.......。

反対に投手の方は、ある程度スピードのある選手はコントロールが、
コントロールのある選手はスピードが....
それに加え、スピードもコントロールも持ち合わせていない
選手も何故か結構いる訳で.......

それが解っていて応援しているのだが、ついグチが出るのは
人間の弱さかも。

尤も、某応援団の人達のように

悪口を言うのではなく、良い所を誉めよう

なんて言っておいて、肝心の監督批判をしている様では
二枚舌なんて言う物ではなく、とんだお笑いになる。

大体が、チンタラやっている選手を怒らないで誉め讃え。
何をしているのか解らない監督を、素晴らしいと誉めている
かと思えば、負けが込んできたら誹謗する輩が、

何を言った所で、肝心の選手には伝わるまい。


話が横にそれてしまったが、今日のFD勝利投手は岸健である。
8回裏登板するなり2失点、負けは着かない場面だが
野原、大澤に次いでの登場だけに追加点を許したのは、
頂けないが、それが9回表の相手投手の自滅から4得点で
逆転してしまった。その裏上里田が抑え8−7で勝利。

笑いが止まらない勝利投手が転がり込んだ。
棚ボタなんて物ではない。

幸運が転がり込んだみたいな今季2勝目だが、これには
重要な伏線がある。
すり抜けた勝利”で述べたがこれとは全く逆の事で
不運にも2勝目を逃しているのである。

”勝利投手"になるのは難しく、又簡単である。
実力以上に運が作用するこの勝利数は、

このリーグにおいては重要視されても、


NPBを目指す材料にはなり得ないだろう。





それでも、多いにこした事は無いが。







データはTA氏のDATA Labを参考にさして頂きました。


ブログトップへ







posted by T−Rex at 00:06| Comment(2) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に無益な四球が多いですね。
際どいコースを狙い過ぎて、打ち取れないのでは
何の為に狙っているのか・・・
バッターにしたって、目一杯打って4割でしょう?
ほとんどは7割から、それ以上凡退してるんだから
勇気を持ってストライクを投げ込めば良いのに
まさしく自滅していってる感じがします。
(ストライクが投げられないのは論外ですが…)

ましてや、このリーグレベルの審判相手に
際どいコーナーワークで勝負してもなぁ(笑)
Posted by いぢこ味 at 2007年04月29日 18:58
>いぢこ味さん

今日のG−S戦でも、回折の江本が言ってました。
>四死球とエラーの多い試合は見たく無い。

でも、あんなに打たれるのも見たくなかった(笑)
Posted by T−Rex at 2007年04月30日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。