2007年04月14日

すり抜けた勝利

高知FD5−3愛媛MP  土佐山田スタジアム
FD先発の捻金の調子が、いま一つ。


2回一死からMP五番檜垣にライト前、六番大島左中間深くへ
連打され2,3塁から七番外間に簡単にセンター前に運ばれ
先制された。
4回にも二死から檜垣にライト線を破られ、大島四球の後
同じ外間にレフトヘタイムリーを許し2−0となった。

開幕して間も無い時期の先発投手陣の不調は頭が痛いだろう。

その裏追いかけるFDは昨日2安打と好調の三番日高が例によって
詰りながらも、センター前に落とし、すかさず盗塁。
続くこれも絶好調の四番中村がMP先発梶本の足元を抜く
タイムリーで生還した。2−1
無死2塁と同点にするチャンスだが、藤城采配(実際は森山コーチ)
は次打者が五番マサキという事もあり、送らずに強行策。
しかし、これが裏目となり、センターライナー。
六番古卿がセンター前に落としているだけに........
と言うのは結果論だろう。
続く七番宮本のセカンドゴロが2塁上で古卿の守備妨害を招き
宮本もアウトになる。

嫌な流れが来そうになったが、そこは巧みな藤城采配、
サッサと捻金を諦め岸健投入。
流石苦労人岸、昨日の登板の事は過去の事(笑)
キッチリ?(三者凡退ではない)と5回6回を締めた。
先発の座を西川に奪われたとは言え、黙々と投げ込む姿は
感動する、この調子ではシーズン70試合登板なんて言う
とんでも無い記録を作るかも知れない。

こうなればFDのペースになるのは必至のパターン。
6回この回先頭の二番國信がレフト前へ運び三番日高が送る。
四番中村と来る流れの中では、MP梶本には荷が重過ぎる、
四球を与えてしまうと、六番マサキには手頃な獲物。

まして2塁牽制球さえ逸れて2,3塁に進塁させてしまっては
マサキは気持ちよく振り抜くだけ。
打球は例によって(馬鹿の一つ覚えの様に)やや浅く守っていた
レフト大島の頭上を越えタイムリー2塁打。
アッサリと逆転を許してしまう。3−2

この場面通常であれば逆点になるセカンドランナーを
返さない為に、外野はやや浅めに守るのがセオリー。
しかし、投手の梶本は四球、牽制悪送球でビビッている、
ましてマサキを歩かす余裕など無い(私は満塁策を獲る)

自然と球は真ん中に集まって来る筈である。
そこに、ミート力、長打力のあるマサキが、気持良く
外野フライを狙ってくればどうなるか?
(左打者でも、マサキのレフト方向の打球は伸びる。)
当然定位置よりも下がる守備が要求されるのだが。

こう言う場面で転がしてくる程の殊勝な性格はマサキには無い、
と見る。それはプロを目指す為には必要だが、
私はマサキ、レベルの選手が持つのは嫌いである。

兎に角、マサキの逆転タイムリーで苦労人岸健は勝利投手の
権利を得た。
後1回投げきれば、嬉しい2勝目が転がり込んで来そうな展開。


ところが、藤城采配は7回表に、事もあろうか野原をマウンドに送った。

いくら投手陣が手薄だとは言え、この起用は?????
そう言えばISとの開幕初戦でも2−1から岸に代え
大澤をマウンドに送った事がある。
育成にしても??????

アッサリと同点にされ岸健の勝利はすり抜けて行った。

7回裏MPは宇都宮、8回裏には木村を送ってきたが、
何れも1点ずつの失点、レベルの低さを見せ付けた。
3−3の同点から四球、捕手の悪送球、犠牲フライで
簡単に勝ち越され、ワイルドピッチ、三遊間のお見合いで
追加点を許す。

FDも野原に代え大澤迄登板させ、収まりがつかなくなって
最後は明日先発登板予定(昨日も最終回リリーフした)の
西川迄マウンドに上げる始末。

この展開を速報している者が”面白くなってきた”と言っているが、
何とも......こんなドタバタが面白い人達がファンの中核では...

手元に有る13枚の入場券が無駄になる日が近い気がする。



ブログトップへ










posted by T−Rex at 18:05| Comment(0) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。