2007年04月08日

育成と采配

高知FD3-2香川OG オリーブ球場
昨日のIS白石監督采配の記事に対する答が出た試合。


FD先発は西川、OG先発は天野
常識で言えば、FDに勝ち目は無い。
しかし、これが野球の面白い所、昨日の上里田同様、
両投手が予想に反する投球を見せた。

5回迄はFD西川が好投を見せOG打線を無得点に抑える。
OG天野も調子が出ないままだがFD打線をよせつけない。

6回表、FD二番國信に四球を与え、四番中村にも四球。
”0−0からの四球、エラーは点に繋がる”
のセオリー通り、五番マサキのライト前タイムリーで
2走國信が生還先制すると、六番古卿が同じ様にライト前に
転がし 2−0となる。

OG西田監督はここで天野を諦め、下地にスイッチ何とか流れを切ろうとしたが、七番宮本の時堂上がパスボール
3−0となった。

その裏OG森田のソロホームランで1点を許すものの、
最終回二死迄踏ん張ってきた西川がOG打線に掴まる。
七番井吉にライト前に運ばれると続く八番町田にも初球を
ライトへ狙い打たれ1−3塁となる。

九番越智の打席で、西田采配は一打同点を狙い町田が盗塁、
慌てた宮本がセカンドへ悪送球町田は一気にサードまで進む。
この間に井吉が生還、3−2となり同点のピンチを
迎えた。
ここで、藤城采配は上里田投入。
越智をセカンドフライに打ち取りFDが逃げ切った。

この試合は昨日のFD-ISの試合によく似ているが、
全く違う結果を招いた。

”監督采配”が、如何に必要なのか、
それを私達が如何に楽しみにしているか、を物語る試合である。

9回表にも両監督の采配が見ものだったが、ここでは省く。

まず、西田采配である
6回2点先攻された時潔く天野を諦め下地にスイッチ
結果はパスボールで一点追加されはしたが、その裏森田の
ホームランを呼び込み、その後のFDの攻撃の流れを切った。

最終回大きな賭けをして町田を走らせ見事に成功させて
FD西川を初完投初勝利目前のマウンドから引きずり降ろした。
欲を言えば越智に代打を送れば文句の付け様が無い采配
だったろう、何せ九番打者には荷が重過ぎる場面である。

一方藤城采配は見事である。
勝ち試合の様相から、出番は無い様であったが、
最終回、それも二死になって采配が必要な場面が生まれた。
上里田投入の事は無論だが、実はその前に既に采配は
始まっている。
七番井吉にライト前に運ばれた時、マウンドに行き西川に
アドバイスを与え反撃の流れを切ろうとした。

これは、監督として当然やらなければならない”セオリー”
であるが、(捕手が代理してやる場合もある)
この”間”の取り方が重要なのである。
そして八番町田の安打の時に上里田を投入するべきなのだが、
西川の初先発初完投勝利を思いやっての続投と見る。

それなら二死であるから、3−2となっても西川続投で
いいのではないか?との疑問が出てくる。
もし抑えれば西川に自信が出来、育成出来る。

実はそうではない、そこが昨日のIS白石采配と藤城采配の
違いなのである。

育成はマウンドに行った時に終了している。
あそこで、抑えれなければ次の機会を待たなければならない。
最後まで続投させようと言う想いは”甘やかし”であり、
3得点した選手達への裏切りである。

流れの中で西川続投は恐らく同点打、若しくはエラーを呼ぶ、
西川の自信は無くなり、得点した選手達は気落ちして、
悪送球をした宮本の悔いは、次の試合へ響くに違いない。

上里田投入は、監督として行うベストと言える采配である。
もし同点とされても、やるべき事をやったのだから、
との思いが残る位だろう。
(同点とされても、二死であるから負ける可能性は低い)

これにより選手達の信頼は得ることが出来る。
そして、何より昨日不甲斐ない投球をした上里田の育成になる。
監督の信頼を胸に登板するエースは自分の力を出し切れる。

上里田の登板は、エースの自信回復と、
完投は出来なかったがリーグ初先発初勝利を西川にもたらした、
しかも相手はOG、それも天野相手にである。
今後の大きな自信になるに違いない。
しっかりと反省点を残しながら。

これが育成ではないのだろうか。



結果論であるが、藤城采配は私達を楽しませてくれるし、
選手も期待に応えてくれる。
時として、上手く機能しないときも有るが、
それは相手がいる勝負であるから納得できる事である。

果たしてIS白石采配は選手の信頼を獲得して育成出来るか?
無策采配は選手達や、ファンを納得させる事が出来るのか?
ジーノさんには悪いのだが、今季もISの躍進は望めそうに無い。


楽しませてくれる藤城監督采配であるが、
それだからこそ余計に開幕戦の大澤投入の引き分け試合は
納得がいかないと言う事も付け加えておこう。


それにしても両チーム共、最後の得点は捕手のエラーである。
MPとISの試合を見たら、四球押し出しばかり、
出てくる投手が四球の連発。
ストライクの入らない投手、エラーで得点が増える試合。
アイランドリーグのレベル????
下がる一方である。


ブログトップへ












posted by T−Rex at 00:16| Comment(0) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。