2007年04月05日

チームワーク

”チームワークが良い”と言うと
選手個々の仲が良いと言うイメージが強い。



まあ、それもあながち間違いではない。
どちらかと言えば、普通はそう捉える人のほうが多い。

”チームワーク”が良い、仲良しこよしのチーム、
それを応援する、仲良しこよしの応援団。

まあ、それも個人の問題で、好きでやっているのだから、
別にどうと言う事は無いのだが.......

ところが、本気で応援していると、仲良しこよしでやっていても
結果が付いて来ないと、いきなり批判になる。
もっと真面目にやれ!、とかチンタラするな!となる。

選手個々の仲が良いとか、悪いとか言うのは
結果が伴って初めて語られる言葉である。
(結果が悪くて、選手達の仲が悪いとそれはもう最悪である)

アイランドリーグの選手達は兎も角、各チームの応援団に
チョット話題を振ってみよう。
(例によって、ジーノさんのブログから話題を貰ったが)
今季からのIS応援団の事が述べられているのだが、
私は昨季のISの応援団の地元応援風景と言う物を見る機会が
無かったので、初年度
10月6日の蔵本球場のIS応援風景を見ている者にとっては
どの様な経緯でその様(ジーノさんの言われる)になったのか
知りたいものである。
あながち、ISの不振だけでは無い様な気もする。

それはさておき、その応援スタイルだが、ジーノさんの
言われるように、大事な物は”応援する気持ち”
その通りだと思う、室高野球部の応援ではないが、
野球を見ていて、心地よく聞こえるのは、その”気持ち”が
感じられるからである。

本来私はジックリと野球を観戦したいので、ネット裏で
観戦するのだが、リーグの試合を観戦していると、
腹立たしい応援に出会うことが多くなった。

応援するのは個人の自由だし、元選手の関係者としては
当時は応援して貰えるのは非常に有り難い事だったが、
いざ、只の観客に戻ると試合に集中出来ない雑音は
不愉快以外の何物でもない。

特に不愉快なのが、ガイナマイツのトランペット軍団である。
何故あれ程の数のラッパが、あの狭い球場に必要なのか?
それも、聞こえよがしにネット裏に向けて吹いている
馬鹿がいる。
昨季余りにひどいので、ガイナーズ団長にグラウンドに向け
吹いて貰える様、お願いしたのだが、
団長は直ぐに聞き入れてくれたが、背の低いメガネをかけた
馬鹿者が、不満そうに此方を睨んでいた。

ここで話を元に戻すが、
”チームワーク”とは、本来チームの為になすべき
選手個々の役割、つまり仕事の事であり、
仲良しとは何の関係も無い。
”チームワーク”が良くなりチームの調和が取れた時には
自然と選手の仲も良くなる。
つまり、仲良しは単なる結果でしかない。

ところが応援団の場合、元々は”選手を応援する”と言う
純粋な気持ちから始まったのであろうが、
仲良しが集まって来て人数が増えると何時しか
”チームワーク”を持たなければ収まりがつかなくなる。

その時にそれを邪魔するのが、”目立ちたい”と言う
欲望である。
つまり、選手を応援する事よりも、応援する事自体が
楽しくなった人達、仲良しこよしの軍団が誕生する。

そこには、一般の観客の事等一切頭には無い。いや、
自分たちを見ている観客にしか見えないのかも知れない。

ガイナマイツのブログを見ると自分達の応援団が
如何に優れているか、そればかり自慢するコメントが多い。

”タマヲ姐御”ではないが、”に〜お”ちゃん等の
お方達は、それこそ”リーグの有名人”気取りであるから
それに類する気持ちにでもなっているのだろうが、
それはそれで勝手にやって貰って結構。

しかしどうか、一般の観客を不愉快にさせる雑音は
出さないように願いたい。
特に鐘や太鼓は上手い下手がそれ程解らないが、
トランペットだけは余程上手くないと聞きずらいし、
余り多くても、うるさいだけである。

第一、球場へ野球を見に来ないで雑音を出しに来ては
選手も迷惑に違いない。

仲良しこよしの軍団が”チームワーク”を求められた時
統率が取れなくなって崩壊するのは間違いないが
(既に団長は退いている)少しでも早く雑音を減らし、
本来の応援活動をして貰いたいものである。

ガイナマイツ応援団は、これから見られるであろう
ISのジーノさんの応援を見るべきである。


応援団のパフォーマンスを見せるのではなく、
選手達を応援する姿を。



 ブログトップへ










posted by T−Rex at 22:26| Comment(4) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
T-Rexさん、初めまして。

応援のリードを執ってる方達が、もっと試合に目を向け、その流れや状況に合ったタイミング(個人的にはコレが一番大事だと思います)、それに合った内容の掛け声をおくれば、統一感のある気持ちの込もった応援になると思うんですがね。

私は押し出しの1点で「バンザーイ!」をする気にはなれません。押し出しでもソロホームランでも1点は1点じゃん、と言われればそれまでですが(苦笑)

Posted by ハッチ at 2007年04月06日 00:26
>ハッチさん
いらっしゃいませ。リードを取るのは、野球と一緒で
”センス”がいりますね(笑)後ろを向いてやる訳ですから
タイミングが難しい。

選手の応援歌は、素人が作るので、余計無理が有るように思います。

押し出しの1点はリーグの試合では喜ぶより
投手をヤジりたくなりますね(笑)

トーナメントでは押し出しだろうが、エラーだろうが
何点でも欲しいので、大喜びして相手の投手に感謝します(笑)

これからも是非おいで下さい、
別に取って食べたりしませんから(笑)


Posted by T-Rex at 2007年04月06日 00:58
おひさしぶりです。いつも興味深く読ませてもらっています。

応援の件ですが、本当に正論をおっしゃられているので本当に返す言葉が思いつきません(笑)

応援して騒ぎたい派もジックリ観戦したい派も、同じ野球が好きなもの同士なのですから、変にいがみ合って欲しくは無いと思います。ただ、物理的にどうしても応援している者が観戦派の気分を害してしまいやすいのが心苦しいトコロですが。

各県の応援団で応援している人等も思惑は違えど一生懸命やってると思います。応援活動自体は、何処まで行ってもスタンドにいる全員を納得さすのは不可能でしょうけど、応援のダメなトコロは、スタンドの応援団に「ここはこうした方が良い」などアドバイスをしてあげてくださいね。ネットでの文字のやりとりは誤解を招きやすいのもありますから。
そういう事の繰り返しで、少しでも騒がしい派とジックリ観戦派の溝が埋まっていけばと思います。

私自身も初年度、昨シーズンとスタンドで応援していて、直接いろいろな助言を頂いたりして、それを出来るだけ真摯に受け止め、応援に反映させて現在に至っております。

そんな感じで思っておりますので、各応援団とも暖かく見守ってあげてくださいね。

もっとも私の目から見ても疑問に感じるトコロ(FD応援席では無いですが)もありますけどね。

Posted by いくろ〜 at 2007年04月09日 22:39
>いくろ〜くん
応援ご苦労さんです。
君の応援スタイルは(心の)基本がしっかり
出来ているので、私は好きです。
初年度ワザワザ東予まで駆けつけたにも拘らず、
私達に気を使って、迷っていた事がありましたね。

私が「前で応援してくれ」と言ったら皆をリードしてくれて。
あの気持ちを、皆が持つ事が応援団と観客の心を繋ぐ
最良の方法だと思います。

これからも団長を助けてあげて下さい。
Posted by T−Rex at 2007年04月10日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。