2007年03月31日

アイランドリーグも開幕したが

同時刻甲子園では準々決勝が行われた。
室戸高校3−5熊本工業

成長したと言われる先頭打者泉の打席に注目した。
初球低めのスライダーを思い切り空振り。
2球目のアウトコース低めのスライダーを続けて空振り。

成長の後は何処にも見られなかった。

この試合は室戸高校の良い所と悪い所が全て出た試合だったろう。
正に”全てを出し切る”試合だった。

まず、横川監督の”のびのび野球”は最後まで森澤投手の
笑顔を絶やさなかったし、最終回の粘りを見せるプレーに
繋がったはずである。
しかし、宇部商戦に続き、この試合でも1死三塁の場面での
スクイズチャンスに無策で終わったのは、どうだろう。

6回にも五番竹村がライト前ヒットで出塁、六番小松に
一度はバントさしたものの、失敗するや強行策に切り替え
ゲッツーを喰らっている。
七番小谷、八番柳弘がこの後連打しているだけに、
惜しい采配ではなかったか?
のびのびやらす事と、何もしない、のでは大きく違ってくる。

肝心の森澤投手であるが、やはり連投の疲れから、
球速は落ち、キレは今一つだった。
最終回最後の打者として三振しても尚笑顔が見えていたのは
誠に高校生として悔いの無い試合をしてきたと言う
気持ちの現われだろう。

思い切りインコースをつくピッチングは4回ノーヒットで
2点を与え逆転を許したが、彼本来の実力からすれば、

これまでが出来過ぎの感があるので


そのツケがこの回に集中したと思えば仕方ない事、
球一つのコントロールの重要さを感じた事だろう。
投球は兎も角余りにも振り回しすぎる打撃は、
思い切り良いのとは全く違うと言う事を考えるべきだろう。
特に四番の重責を背負っているのだから。

5−1とリードされながら、最終回八番柳弘九番北岡と
連打、この日不調の一番泉が意地を見せ、タイムリーを
放ち、二番松本のショートゴロの間に北岡が生還。
5−3と追い上げた粘りは立派としか言いようがない。

この粘りは、甲子園ベスト8と言う栄冠と共に、
夏に向かって大いなる収穫となろう。


何より、この日4打席全て出塁したラストバッター北岡選手
の成長が楽しみである。
彼は昨年秋からの公式戦今日までノーヒットであったらしい。
それが、大事な所で度重なる四球を得てチャンスを広げる
公式戦初ヒットを甲子園で放ち、最終回にも見事ライト前に
しぶとく落とした。

泉選手や、森澤投手の打撃に彼のような粘りが出て来たら
夏の選手権は面白くなりそうだ。


爽やかに”無心”で頑張ってきた室高野球部だが、
まだまだ、次の壁を越えるには大きな課題がある。

森澤に次ぐ投手力、未熟な走塁。
(3回五番小松の先制タイムリー時、セカンドランナー中山は
スタートを切るタイミングが遅れている。
2アウトにも拘らずである、結果ホームで封殺され一点のみ
前の試合の泉の走塁と言い、僅差のゲームを制するには
未熟すぎる)
4回、中山のグラブを投げ捨てた捕球。
5回この回先頭の二番松本の0−3からのファーストゴロ。


爽やかに、溌剌としたプレイだけでは、勝ち続ける事は
難しい。勝つ為の要因を一つ一つ重ねていくと、
何時までも笑って等いられなくなる。

笑顔も此処まではいいが、真剣な顔をして勝負に
向かえるかどうかが、今後の室高野球部の発展に繋がるだろう。
負けはしたが、両校とも”慢心”の”ま”の字も見えない
好試合であったのではないだろうか。


今後の室高野球の更なる健闘を願いたい。


ところで、肝心のFDだが、折角7回迄捻金、岸と繋いで
2−1と勝利を目前にして、大澤の登板。
この投手交代の意図する物は???
(エラー二つで失点だが)

結果2−2と引き分け。捻金のFD移籍初勝利は無くなった。
最終回上里田を登板させてである。


応援に行っていたファンはさぞかしガッカリした事だろう。
これではファンは離れていくだけになる。



 ブログトップへ









posted by T−Rex at 17:16| Comment(2) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 おはようございます。
再度行ってきました甲子園。
 8回までのままで終わったら夏は無理と思いましたが、負けはしたけれど9回の攻撃見たら夏に繋がるいい形で終われたのではと思います。もちろん逆転できればよかったのですが。
 それにしても先取点が早すぎたのかなぁ〜?前の2試合は終盤でしたよね。点の動くのが。関係ないか。
 僕個人として、室高にあればいいなと思ったのは、やっぱり森沢が安心して休める2番手、3番手。それと熊本のような走力ですかね。(T-Rexさんのご指摘にもありますが)
Posted by sports-oyaji at 2007年04月01日 07:06
>sports-oyajiさん
応援お疲れ様でした。さぞかし思い出に残るのでは?

最終回の粘りは、凄かったですね。
応援席も盛り上がってましたね、(テレビで見ました)
二番手の投手、難しい問題(笑)ですね。
Posted by T-Rex at 2007年04月01日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。