2007年03月30日

やはり有った”慢心”

今日の高知新聞
昨日の室戸高校野球部の快挙で賑わっている。


その中に、”流れを引き寄せた11球”と題し
泉選手の第3打席の粘りを讃えている。

その中で、”4回の1死満塁を併殺打で逃し、室戸ベンチの
空気は重苦しくなってきた。”とある。

1−0のまま5回迄無得点とはいえ、点差は僅かに1点、
無欲であれば、どうと言う事の無い点差である。
そこに、”勝ちたい、勝たなくては”と言うプレッシャーが
芽生えていたのは間違いない。
”慢心”とはいかないまでも”欲”が出ていた。

それが、悪いと言っているのではない、
際めて当然の事であり、それが人間の本質だろう。
しかし、勝負の世界ではマイナスになるのも事実。

横川監督が鼓舞し続け、中山主将が「気持ちを出そう」と
呼びかけ続けたと言う。

私も述べたが先頭バッター泉の初球打ちは、
積極的と讃えられるが、野球理論からは決して誉められた
行為ではない。
それにエラーが絡めば、予想以上のプレッシャーを呼ぶ。
甲子園常連校でさえ、そうなるのが普通だから、
初戦を突破したとは言え、初出場の室高には相当な
物であったに違いない。

それ故、このプレッシャーの中で冷静に状況判断をして
淡白な過去の打席を反省した泉の3打席目は見事である。
頭で考えても、それを実行する事は難しい。

高新横田記者が、流れを引き寄せたと語るこの泉の粘り。
宇部商中富監督の「4回の牽制死が流れを変えた」
とのコメント。
何れもこの試合の流れを変えたのには違いないが、
私の見方は少し違う。
この試合幾つかの流れが行き来したが、
決定的に試合を決めたと言えるほどのプレイがある。

8回一死から泉が右中間を破る3塁打、
スクイズで得点すれば流れどころか勝利も見える、
失敗すれば流れを相手に渡してしまう重要なポイント。
ところが二番松本は何の策も無くセカンドゴロに倒れ
二死となる。

続く中山も敢え無くショートゴロ。
大体が負けパターンに陥るプレイが続いた。

ファーストへの悪送球、逆転のランナーの生還

これこそが勝利出来た要因であり、この試合の全てである。

宇部商のプレッシャーが室高よりも勝っていた。
のだろう、報徳同様に。

勿論全力プレイで頑張った選手達が居る事も忘れていない、
それを引き出した監督や、応援団の力も有るだろう。
最少得点に抑えた森沢も立派である。

しかし、あのプレイが無ければ勝敗の行方は解らない。


3回の三本間のランダン(峡殺)プレイは少年野球から
繰り返し練習している筈である。
それが、肝心な所で生かされない現実。
8回の松本の打席の淡白さ。
最終回、タイムリー打を放った後のセカンドで挟まれなければ
ならない(三塁に走者が居る、完全にアウトのタイミング)
泉の走塁。
一つ壁を越えた室高ナインには次の壁を越える為の
更なる技術が要求される。それは難しい事ではない、

基本をしっかり身につけるだけ

なのだが。



 ブログトップへ







posted by T−Rex at 14:04| Comment(3) | 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宇部商のエラー。ショートの暴投なのでしょうが
ファーストもできれば前に落とす位はできていた?
あの一瞬だけショートもファーストも凍りついたように
動きが悪くなっていましたね。

室戸のエラーは序盤で、宇部商のエラーは試合の決定機に。
両方共に得点に絡むものの宇部商は、取り返すには遅過ぎた。
簡単に言っちゃえば、それだけなんでしょうが
両チームの選手の心に潜むプレッシャーに
最後まで勝てたチームに勝利を迎える結果が来た。
トーナメントの面白味が詰まったナイスゲームでした。

この週末は、室高の試合だけじゃなく
四国春季大会の県予選もあります。
FDには逆風満杯の地元開幕になりますね。(笑)
Posted by いぢこ味 at 2007年03月30日 18:24
>いぢこ味さん
何せ、勝利打点がつかない様な試合ですから(笑)
しかし、宇部商や、報徳にプレッシャーを与える程の
好投を見せた森沢は、改めて感心します。

明日は疲れが出てくる頃ですから心配ですね。
泉の初球打ちが、見ものですよ。
ジックリ見れるようになってたら期待できます。
Posted by T-Rex at 2007年03月31日 00:08
ほとんどの人が高知FDのことなんか忘れてるか、
とりあえず押し入れの中に入れた状態でしょうね。
日曜の地元開幕戦は室高戦がないとは言え
かなりの苦戦を強いられることになるでしょう。

まあタマヲは私が室戸出身と知ってますから
あえてFDの観戦に望むでしょうけど(笑)。
Posted by 梅造 at 2007年03月31日 09:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。