2007年11月21日

高知FD印象に残った選手達  相原雅也選手

2005N1210_DSC01085.jpg
話題に上ったので、順番を代えて

相原雅也選手の事を述べよう。



ミスターアイランドリーグ、まさにILを述べる時
相原の事を抜きには出来ないほど有名な選手である。

彼の事を知ったのは、TVの番組が先である。
話題性を重んじるTV番組では、ILの事を紹介する度に
相原は広告塔として画面に登場した。

リーグ選手およそ100人の中で最年長と言う事もあり
その人柄や、記者の質問に対する受け応えのイメージは、
ILの若者を代表するにはピッタリだったのである。

彼の技術、野球に対する取り組み方は、過去幾度と無く
述べて来たので
、改めて此処で取り上げる必要もないだろう。

FDにおいては、兄貴分の立場から他の選手の面倒をよく見、
自ら率先して練習を繰り返した。
初年度は僅差で逃した最多勝利投手賞も昨季は同じFDの高梨と
終盤まで競り合い見事獲得した。

昨季オリーブ球場でのOGとのCS第3戦で過去2年間の集大成
とも言えるピッチングを見せた。
今季残留を悩んでいたが、新天地を求め、
”かずさマジック”へ入団、心機一転頑張っている。

昨日、彼のブログに棲みついているファンの事を書いたが、
どういう訳か、記事ごと全て削除されている。
過去彼のアップした記事が削除された事は一度も無いので
余程の想いがあっての事だろうが、
これは、一つの進展と言える出来事では無いだろうか。

思いやりのある彼の事だから、余りの馬鹿なコメントを残す
00オバサンが、昨日のような攻撃を受けては、
見るに忍びない物があったのか、pao氏の言う如く
「奇跡」と言う言葉自体を、もう一度考え直して記事の削除を
したのか?

はたまた、私達のコメントに腹を立て、コメントだけの
削除だけでなく全体の削除をしたのか?
(過去において、コメントだけの削除を行えば、情報局や
MP前田選手の兄ヤンのブログなどにおいて見られるように
第三者の加入で荒れる原因となる。)

どちらにしてもこの行為は、ある大きな意味を持つと思われる。

以前この00オバサンのコメントにあるように
>新しい土地で、また新たないい出会いができている
ようですね。
いい出会いにするためには、やっぱり語り合いが大切。
語り合い、相手を受け止め、自分を開く。
すると、ステキな関係が生まれる。
それって、教室での人間関係作りに似てますね。
相原さんがいい関係を築く人間性をもっているから、
すてきな出会いが広がるんですね。

表向き彼はこの言葉が良く似合う評価を受け、又その様に
振舞おうとしている。
しかし彼の本質は少し違っている。
相手を受け入れるように見えて、実はしっかりと相手を
見つめ、自分に合わないものはしっかりと拒絶する。

投手には必要不可欠な要素であり、これが無ければ務まらない。
人間性がどうこう言う訳でなく絶対必要条件である。
これが弱いと思われるのが高梨、岸健、山健である。

ところが、以前にも述べたが色々な状況から、何時の間にか
それを表に出す事が出来なくなってしまったのである。

>語り合い、相手を受け止め、自分を開く。
すると、ステキな関係が生まれる。

良く考えてみるといい、相手を受け止めると言う事は、
自分に妥協すると言う事である、
自分を開くどころか、自分を閉じ込め我慢する事になる。
こんな関係が長続きする訳が無い。

お仲間クラブの寄り合いであれば、それもいいだろうが、
勝負を賭けた責任問題が問われるゲームの中で
それは決して許されない。

語り合い、相手を受け止める為には、拒絶も必要となる。
(拒絶の理由を相手に理解さすのは、それ以上に難しいが
そうしないと、本当の関係は生まれて来ない)

八方美人では、勝負の世界では通用しないのである。

日常の生活では、それも人間性という事を思えば、
重要な事であるが、現時点の相原の置かれている立場で
あれば、自分本来の資質を前面に押し出し、
目標を目指すのがベストだと思われるのだが、どうも
新たな場所に移っても、その様子が見られなかった。

更新される内容は全て優等生のレポートに終始し、
今日の学校での出来事を報告するガリ勉少年を思わし、
それに寄せられる00オバサンのコメントは、
息子を溺愛する教育ママの発言そのものであった。

その意味で今回の削除は、彼の初めて見せた”拒絶”であり
決して表では見せなかった顔を見せた事になる。


この意思表示がプレイに現れてくれば、一皮向けると予想
するのだが、果たして今後如何なる進展を見せるのか、
注目したいものである。

ILと言えば相原、相原と言えばFDのエースと言う印象が
最近では、相原と言えばストーカー00さんが浮かんでくる。
うっとうしいと思っているのは、私だけでは無い筈である。


最語に一言
>それって、教室での人間関係作りに似てますね。

相原と喫茶のマスターの間に行われる会話が、たかが中学生
の間で交わされていたとしたら、校内暴力は起こらないし。
当然いじめ問題等は直ぐ解決できる。
私が思うに00オバサンの受け持つクラスでは、キット
”いじめ”等は行われていないでしょう。
行われていたとしても、それには絶対00オバサンは
気付く事がないでしょう。

私はオバサンの息子がこれから、いや、既にイジメの対象に
なっているのではないかと心配している。



      (2007年3月の記事です)



ブログトップへ



















posted by T−Rex at 00:00| Comment(0) | 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。