2007年11月22日

高知FD印象に残った選手達  小山田貴雄選手

2005N1125_DSC00924.jpg

初めて見た、FDの選手達

東部球場のマウンドに立ったのは.....




誰の後に、何回から登板したのか定かではない。
3回だったか、4回?? 

兎に角,山健を見た後でもマウンドに立った男は、
かなり大きく見えた。
マウンドの土を、ならすことも無く、
いきなり投球練習を開始した。

早い!!何処か外人の様な上半身だけで投げているように
見えるが、決して手投げではない。
その証拠に球質はかなり重そうで、伸びもある。
マウンドと打席との距離が短く見えた。
やや高めに浮くがいい感じである、が、変化球を投げない。

余程直球に自身があるのか?

打者が打席に入る、主審の手が挙がった。
セットからの一球目、唸りをあげた直球は、捕手が飛びつく
程の高めに抜けた。それでも彼は無表情。

同じ様な球が続いた、3球目はワンバウンドしそうな位
低めに来る、そして高めに浮く、いきなりの四球。

続く打者にも2球浮いた球、気を取り直して、ようやく
ストライクが入る、同じような球が来た、
打者はやや振り遅れてファール、
そこから連続の浮き球、四球が続く。

変化球が無い!!そして何球目かに死球を与える。
無死満塁、最大のピンチ

しかし、あっさりと押し出し。

ようやく、表情が変わってくる、さっきまでとは、
別人のような、不安げな少年の様な顔つきになった。

捕手と内野手が声をかけるが、硬い表情は変わらない。
そして又押し出し......

見るに忍びなく球場を去ることにした。

これが、小山田選手との出会いである。
その後、前期の試合で見た記憶が無い(見ている筈なのだが)

次に彼を見たのは、TVニュースに映った、
子供達と楽しそうに触れ合っている姿である。

彼はFDで一番人気があると言われる。
特に子供達からのサイン攻めは凄いものがある。
第一印象の凄みさえ見せる姿とは、うって変わった
優しい、お茶目な少年そのものだ。


その大きな体は、山健同様5月中旬東部球場で並んでみて
改めて驚く、私も173あるのだが、まるきり違った。

前期が終了して、後期開幕まで東部球場で、
そして、この年のオフ、土佐山田スタジアムでの
涌島と二人の監督直々の特訓は忘れる事が出来ない。

天を仰ぎ雄叫びをあげ、ベンチ裏でゲロを吐き
汗とドロにまみれて、グラウンドを転げまわる姿は
見ている私達皆が、大きな声援を送った。

かと思えば、自分の投球を相原に撮って貰い
ブルペン横のフェンス際にうずくまり、そのフォームを
研究している姿も又忘れる事が出来ない。

上の写真を撮った日、自信を喪失した彼は、チームメイト
の前で、捕手転向の気持ちを漏らす。
彼の父親が元YSの捕手であった事が、その決意を
呼んだのかも知れない。

昨季捕手として、松橋を凌ぐ活躍はしたものの、
宮本には、到底及ばなかった。

私が”IL投手陣で唯一NPBで活躍できるかも知れない”
と思った選手(他の投手、西山や、高梨、伊藤、深沢は
行けても活躍となると、無理があると思っている)
は、今季も捕手としてFDに残った。

それは、それで彼が決めた道、応援するのが筋であろう。

土佐山田スタジアムで心無い観客から罵声を浴びせられ
じっと我慢して、唇をかみ締めながら投げていた姿や
オリーブ球場の最終戦、雨の中先発した岸をリリーフした
FD投手としての最終登板となった姿は

何時までも私の脳裏に焼きついている。



          次回は宮本裕司選手

(2007.2.22の記事)



ブログトップへ


posted by T−Rex at 02:54| Comment(2) | 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小山田選手ですね。
彼は小柄な選手がバッターボックスに立つと中々ストライクが取れなかったのを覚えています。しかし小山田選手の直球は目を見張るものがありました。

野球を観戦する立場からすれば、単純に速い球を投げる投手は見てて気持ちが良いし「華」があると思います。見るものを納得させる力がありますよね。

小山田選手が捕手に転向してしまい、彼のピッチングを見る事が出来ないのは残念でありますが、T-REXさんの言われるとおり、「自分で選んだ道」なのだから、こちらとしては、それを応援するしかないと思っております。

湧島選手もそうですが、大柄で速球が投げれるピッチャーがいなくなっていくのは非常に寂しいです。個人的には、そういった選手がILを盛り上げていける選手じゃないかな?と感じています。

Posted by いくろ〜 at 2007年02月22日 21:33
>>いくろ〜君
限られた者だけが持てれる資質。
それを彼は使いこなす事が出来なかったわけです。

勿体無い事だと思います。
Posted by T-Rex at 2007年02月23日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。