2007年02月18日

偽情報

おがわ氏の2チャンでの顔を暴露したついでに、
改めて誤解を解いておきたい事がある。
>o.1116 AREA83
12/23(金)18:48
だからどうしたい、HRの中の人。

ああっ、もお〜〜
内容以前に日本語の文章そのものを添削したい……!
ああゆーグダグダな文章、大嫌いなんでスわ(苦笑)

情報局が「IBLJ公認」を騙ってる?と思い込んだ

挙句の頓珍漢な批判、
だと思うのですが…それ以上の意味さっぱりわかんねえです;

O思い込んだのではなく「IBLJ公認」を騙っていたのだが
何故かarea83氏の発言は”思い込み”で話が進んでいる。

そこの所を、話そうと,山田球場でお会いしたのだが、
「ただ趣味で、やっているだけなので」とはぐらかされて
しまった、他の人物とは少し違うので、
今季はお会いしてハッキリしてもらおうと思っている。

ついでに、日本語の文章そのものを、どの様に添削するのか
お教え願いたいものだ。

誤解、と言うにはあまりにもひどい話がある。
実はこの問題の文章は、私のブログのコメント欄に
書き込みをしてきた読者に答えたものだが、

それを、誰かが(HR氏)TA氏の掲示板に貼り付けたらしい。
(それを見た、仲間から報告があり、それにTA氏がレスした
のを見に行ったが、放っておいた)

ところが、それがとんだ誤解を生むことになる。

>私の持ってるデータ
■T−REX(窪内賀ー)
・自宅と思われるIP(2005-11-03確認)
 ホスト YahooBB219063249212.bbtec.net (219.63.249.212)
・ファンキータイム朝倉店出没(2005-12-21 @ 21:38 確認)
 ホスト pc2.funkytime-asakura-unet.ocn.ne.jp(220.110.206.114)
 *ちなみに名前は「ファン」「hikousiki」。T-REX氏と確定したのは、削除したコメントと同じ文章を自分のブログコメントにT-REXとして書き込んだから。

miyaさんが、裏BBSで公表した、FDファンクラブの
登録データーで補足したものだが、
私のコメントが私のブログコメント欄にあるのは当然だし、
それがTA氏の掲示板にコピペされれば、当然そのIPは
残っている筈である。
そのIPは何だったのか?調べれば私でない事は明白なのだが。

そして、もう一つの間違い
> ホスト YahooBB219063249212.bbt (219.63.249.212)
が私のIPとされている。

何度も晒しているが、私のIPは(220.49.210.51)
である、このIPはファンクラブサイトに何度も書き込んで
いるから、解るはずなのだが、興奮した彼等には
そこら辺の判断が出来なかったらしい(笑)

つまり、他人の書き込みを私とカン違いして、
アアダコウダと騒ぎ立てていただけなのだが、
ファンキータイムの書き込みも、
ファンキーからやれば当然ファンキーのIPが出る。
それが、何故私なのか???不可思議な思考である。

それに輪を掛けたのがTA氏のコメント、
梅造さんのブログコメント欄で述べた物だが。

”私のサイトはオフシーズンでは、訪れる人は日に一人か
二人、それなのに、よくそれが書き込まれてるのが、
解りましたね”と、
さもコピペしたのが私であるかのように言い切っている。
裏BBSでは、このコメントをタマヲ姐御が絶賛しているが、
要は、報告があって見ただけの事。
TA氏程の人なら、書き込んだIPと訪れたIPの区別は
直ぐ解る筈であるが、何とも情けない話。


更に、笑えるのが球団ブログに書き込まれた、
平岡マネージャーの悪口。
「はっきり言って」のHNで彼女の悪口がコメントされた。
どう言う訳かこれも私の書き込みと言う事になっている。

平岡女史はRKCレポーター時代からの知り合い、
私の友人の近所に住んでいる。
悪口など言う間柄ではないのに、IPが私のものだと
言う事らしい。

球団ブログに等一度も書き込みしてないのに、
誠に不可思議な情報が飛び交っていた物である。

後に私のIPが(220.49.210.51)と判明したのだが、
それ以前の間違いは訂正されず、その指摘は誰もしていない。
miyaさんの間違いは誰もとがめないのが、裏BBSメンバー
の、お約束毎らしい。

誤解を解かない事には、このまま放っておいても
済む問題では無いのが、
彼等にとっては放っておけば、何れ立ち消えるぐらいに
思っているのだろう。
それ以前に、こんな単純な間違いさえ気付かず
間違った偽情報を鵜呑みにして、ひたすら私に怒りを
ぶつけて、結束を固めていたのかも知れない。

単純な誤解から、単純に私を攻撃した連中は、その行為を
単純に考え、単純に終了したと思い込んでいるようだが、
私はそれ程単純ではないので、それなりの責任を
取ってもらうまでは、彼等を追い詰めてゆく。

オオニシ同様その責任は、これからも消えることは無い。

私からも、それなりにチャンスを与えてやっているのだが
何の応答も無い。
誠に”お気楽”な人生を歩んでいるみたいで、
これからの事を考えれば、誠に可哀相である。



ブログトップへ









posted by T−Rex at 10:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。