2007年02月15日

希望的展望?

昨日に続き少し希望的展望を期待できそうな
情報を述べよう....

ある所からの情報を聞いた。
(未確認の為違っていても、責任は負わないので宜しく)
今季絶望的戦力かと思われたFDであるが、
実はとんでもない大物が入団していたらしい。

それは 高井 啓行外野手、


何やら高校通算57本の本塁打を放ったロングヒッター
との噂。これが事実なら昨季投手王国と言われたFDは
今季OGを上回る打撃陣を擁する、破壊軍団に
生まれ変わる事になる。
山伸、林、宮本にこの高井が加われば古卿、梶田との
連携で、打線は繋がってくる、
投手不足のFDにとっては正に願っても無い得点を期待
出来そうな選手入団と言う事になる。

第二の角中誕生を楽しみにするファンが出てくるのは
間違いないだろう。
この情報が真実である事を祈りたい。

此処からは少し批判を込めた三面記事風な話題

私のブログに”ウザイ!!”とか”息子がクビになった
腹いせか”と書き込んできた沢西は何処で何をしているのか
知れないが、人の事を言う前にしっかりやらないから、
自分の身に降りかかってきてしまった。
同じ様に、監督の泊まっていたホテルの悪口や、
監督そのものの悪口を書き込みをしてきた松橋は
涌島と共に、BCLで再出発する。

涌島の場合先発さえさせなければ或程度通用しそうなので、
期待したい。ヒョットすれば松橋とのバッテリーは
チームの核となるかも知れない。

涌島の彼女は初年度の9月に北海道からワザワザ
見に来ていたのだが、山田球場で試合後に話す機会があった。
スラリとした色白の美人で、あどけなさの残る、
それはそれは可愛い人で、何故涌島(失礼)に?
と思わず出てしまうくらいの印象だったが。

何故かその後突然調子を上げたのは、彼女の力によるのか。
今年からは彼女も球場が近くなって応援に熱が入るだろう。
別れてなければ!!だが。
それとは反対に松橋の彼女?(追っかけとしておこう)は
可哀相である、何せ県外の試合でも必ず母親と来ていた。
時には土佐女子の制服のまま駆けつけて応援していたが、

あの追っかけを続けるとしたら、北信越までの距離は
相当堪えそうである。

謎の彼女を持つ(いるらしいのだが一度も会ったことが無い)
相原は”かずさマジック”で再スタートを切った。
相変わらず、日々トレーニングに励んでいるらしいが、
彼のブログは何時の間にか、教育勅語みたいな文句が
並んだかと思えば、最近は出会い系サイトの勧めみたいな
感じになってきた。
野球をするのか、人間を磨くのか、どちらかにしたほうが
いいと思うのだが。
ブログにも一人凄いオバサンが住着いているみたいだが
高知の追っかけのオバサンはあちらにも応援に行くのか?
中年に追っかけられる相原の本心は如何なものか、
一度聞いたが答えてくれなかった。

ところで、2チャンからの情報で、土佐清水でキャンプ
していた我等がFDであるが、何やら地元の中学か、高校の
女生徒を引っ掛けて話題になっているらしい。

何でも休み時間に校内放送で呼び出しをかけて、校長先生に
お叱りを受けたと言う事だが、
事実であったら、こんな笑える話はない。
単なるデマであって欲しいと思うのだが、
前例を知っているだけに、あながちデマと聞き捨てるのも...

あいも変わらず、私のブログの削除依頼を続けている
情報局オオニシ氏だが、以前携帯に電話してみると、
”私の部下がやっているだけ”との事だが、
マンションの一室の机一つだけの会社で、部下は一体何処で
仕事をしているのか?
深く追求するのは気の毒なほどの、か細い声であった。

裏BBSメンバーもソロソロ活動を開始したいのだろうが
速報部隊が活躍するにはもう少し時間がある。
息を潜めて噂が消えるのを、ひたすら待っているみたいだが
残念な事に、噂どころか、その時期になればしつこく
蒸し返す馬鹿(私の事だが)がいるので、
狭い高知、それも球場で今年も人目を気にしながら
活動しなければならないみたいである。

彼等の子供達が大きくなった時、自分達の親が
やっていた事を見たら、どの様に思うか、考えると
誠に不憫である。
文字になって残ると言うのは,ある意味怖い物がある。

ところで、”セミプロおがわ”さんは、司法試験は合格
したのだろうか?まあ、あれぐらいの知識しか持ち合わせて
無ければ、無理だとは思うが。

宗太郎さんは、真面目に3階勤務をしているみたいで
余り最近お見かけしない、2階の同僚に相談に行く事も
無くなったみたいである。

taco氏が勤める郵便局は民営化に伴い職員のリストラ
が行なわれるみたいだが、有給ばかり取っていた彼は
大丈夫なのだろうか、少し心配である。

ワザワザ室戸から安芸の芋ケンピをお土産に持参していた
深層水ナスさんは今年はどんなオバサンに花束をプレゼント
するのか、これも楽しみである。

我等が期待のタマヲ姐御は、ブログの更新が途中で途絶え
昨季最終戦が、そのままになっているのだが、
あの、夏場の灼熱地獄の中で這いずり回っていたのが
原因で、倒れているのではと、少し心配している。
開幕したら、真っ先にブルペン横で、ほうかむり姿で
うずくまっているのを見に行かなければならない。

由寿さんは、この寒い中未だに宇佐沖で砂利を取っているのか
くれぐれも体には気をつけて貰わないと、旗を振る人が
不足しているので、困るのだが。

さて、四国ILにおいて、情報局掲示板にかつて3人の
巨匠がおられた、何やらILの裏情報をチビチビ垂れ流して
得意気になっていたオオニシと、野球に深い造詣を持っていた
area83氏、そして何やら不可思議なデーターを何処からか
コピペしてきては、素人を騙していた犬飼小次郎氏である。

その姿は長い事掲示板でチャット情報を繰り返していたが
掲示板が閉じられてからは、ついぞ、その姿が
見えなくなっていたのだが、あるブログでそれらしき
書き込みを発見した。流石に犬飼の名は気が止めるらしく
何と今回のHNは”青中”である。
FD”角中”をもじったらしいが、そもそもILに併せて
”犬飼”である、”土佐のニタリ鯨””四万十の何とか”
等と昔の盗人のような”二つ名”を持つ人物。
いっそのこと”青中”などではなく”アホ中”あたりに
したらどうかと思うのだが、

それは流石にジャーナリスト魂が許さないのか(笑)
彼の正義は、情報局掲示板で同じIPで自問自答、批判
援護を繰り返していたのが、晒された時点で、
既に笑い者になっている。
オオニシの愚行に足を掬われた哀れな犠牲者である。

華奢に着こなしたスーツ姿に似合う銀縁のメガネの奥に光る
鋭い眼差しは、理知的に見えたものだが、
今となっては、ずる賢さばかり目立つ詐欺師の姿か。
ゴクロウサンと一言言って差し上げよう。(笑)


そんなこんなで、楽しみな開幕が近づいている。


ブログトップへ








posted by T−Rex at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。