2007年02月12日

交流戦

ジーノさんのブログで、話が盛り上がっている。
話が長くなるので、此方で参加さしてもらおう...。

リーグ開幕前からオフシーズンの話だから、
気が早い(笑)などと言わず、大変興味深い話なので、
参加さしてもらおう。

チャンピオンマッチ

ILとBCLの交流戦が計画されているらしい、
それが技術向上にどれだけ意味を持つのか?
そして、NPB2軍や、社会人との交流戦との違いは?

yakyuzuki氏の”選手の健康上の問題”はNPB2軍と
試合しても同じ事だからおいておく事にして、
やなぎた氏のNPB指向に関係して少し述べてみたい。

勿論交流戦の必要性については、やなぎた氏も最後に
述べられているので、氏に反論する気は毛頭ない。

ILにとって、交流戦は必要不可欠なものである。

技術向上は勿論であるが、まず閉ざされた世界から、
広く交流戦をする事で、その技術レベルをIL側(選手、ファン
を含めて)が認知しなければならない。
選手は勿論監督、コーチはある程度そのレベルは認知
しているだろうが、厄介なのは、一部のILファンである、

何故か身内びいきよろしく、異常なほどリーグレベルを
過大評価して、賛美する。それが一般野球ファンを刺激して
IL評価を下げている事に気が付かない。
或いは、試合を見ないで異常なほど低い評価をして、
蔑んだ眼で見る野球ファンも多い。

これらを一掃するには、やはり交流戦で結果を残さないと
真の評価は出て来ない。


NPBへ行った五人の選手の実力が即1軍で通用する
様なら、話が少し違ってくるが、西山のようでは、
自慢も出来ないし、もう一人は名前も忘れかかっている。
今季、指名された深沢が活躍したとしても、おそらく
2〜3年後の事、角中、伊藤はおそらく無理であろう。

そうかといって、ILは駄目だとは現状では言いがたい。
(経営は駄目だが)伸びる要素は未だある。

JR四国、四国銀行との交流戦結果(一試合でなく)を
重ねていけば、ある程度のレベルは解ってくるのだが、
それさえも無い。
NPB2軍との交流戦結果など、殆ど参考にならない。
相手は調整しているだけである、投手起用を見れば、
真面目に勝負をしていないのは一目瞭然。
そこら辺はジーノさんも書かれている通りだろう。

真剣に勝負した結果、そのデーターを積み重ねる事こそ
ILの正しい評価を得る為の、現在の唯一の方法だろう。
まず、己の置かれている位置を知る事。
それなくしてNPBを目指す事は無駄に終わってしまう。

BCLに拘らずリーグ外との交流戦は、技術向上以前に
多くの利益に繋がる必要不可欠なことであると思われる。

話は少し変わるが、もう一つ言われている事、

ILとBCLの大きな?違いは、その掲げた理念の様に見える、
ILはNPB選手育成であり、BCLは地域密着である。
尤もILも地域密着とは、形だけは唱えているが...。

NPB選手育成、なるほど聞こえは良いが、この2年間で
五人(育成枠を含む)の選手を送り込んだ、
結果は出した、契約料、初年度年俸で、およそ1100万の
収入を得た。
しかし、それに要した費用(赤字)はおよそ5億にのぼる。
NPB選手育成にILは慈善事業をした事になる。

当初ILは2億の利益を予定していた、それが3億2千万の
赤字、昨年2千万の赤字を予定、それが1億5千万の赤字。
決して慈善事業団体ではない、
利益を追求して、失敗しただけである。
儲けようとした事は間違いない。

一方地域密着型と言うBCLの方もリーグが開幕され
入場料収入等、利益追求をするのは当然である。
その中で、秀でた選手が出てくれば、当然NPBドラフト
指名選手が生まれる事になろう。

と言う訳で、どちらも大まかな所は、何も違わない。
格好をつけて、赤字のままあがき続けるのか、
堅実に足元を見つめて、経営して結果を出すのか、
どちらにしても、金儲けをしようとしているのは間違いない。し、
それが当然の事だろう。

この二つのリーグの行く末は見ものである。


ブログトップへ







posted by T−Rex at 16:38| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ILの場合シーズン90試合(BCLは72試合)
それ以外にも力が上のNPBとの交流戦、さらに
シーズン締めくくりのプレイオフの後にまたBCLとの
プレイオフとなると投手の疲労による故障も心配
です。ここで燃え尽きることが選手の目的では
ないはずです。BCLとのプレイオフはもっと
チームシステム(具体的には選手贈)が完成
したあとでもいいのではないでしょうか?
BCLだってはじめてのリーグ戦でしょう。その
リーグをこなすことが大事ではないでしょうか?

といった意見もあるようです。
Posted by ___ at 2007年02月13日 02:49
はじめましてm(_ _)m

いつも興味深く拝読させてもらってます。

NPBとの交流戦の件、実際のところ彼らが目の色変えて戦ってるとは思いません。

でも、ILが交流戦で勝つことによって2軍の選手や首脳陣に本気を出させることは可能ではないかと思ってます。

その本気になった2軍と今年は戦いたいです。

Posted by やなぎた at 2007年02月13日 20:43
>やなぎた様
いらっしゃいませ、お越し頂けるとは光栄です。
又、見て頂いていたとは、嬉しい限りです。

NPB2軍は本気か?これは柳田コーチには当然簡単な問題ですね(笑)
選手は試合する以上、当然真剣ですよね(笑)
(何せ数少ないチャンスだし、罰金を取られたくないでしょうから、
サーパスの場合いろんな場面にやってはいけないプレイに
罰金が課せられているそうです)
ところが、監督コーチはそうではない、
実際本気を出す必要も無かったのだが。
此処に来て少しその様子が変わりつつありますね、
今季、NPB2軍は本気を出さざるを得ない状況になってますね(笑)
(特にヤクルト、サーパスは)

ただ悪い事に今季ILは昨季のような布陣で望めない、
この辺りをどうするか、OG主導になるのは目に見えてますから
西田監督、柳田コーチの手腕が物を言いそうです。
期待して楽しみにしております。

その意味で今季NPB2軍戦は必見ですね。
Posted by T−Rex at 2007年02月14日 01:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。