2007年02月03日

私の立場

初めからの事情をご存じない人も
多くなってきたので、
ILと敵対しているように言われる.....

私、T-Rexの立場を明確にしておきたい。

私は、四国ILに敵対している訳ではないし、
ILの選手達の悪口を言うつもりも無い。

むしろ、四国に生まれたILを嬉しく思っているし、
全国からやって来た若者達を応援している。
ただ、現実を見つめて、私の思いをこのブログで述べると
批判、と取られる内容であることは確かだろう。
”希望的観測”は肯定的になるが、それは多くの人達が
述べているので、此処ではやる必要も無いだろう。

敵対しているのは、ILではなく、
嘗て存在した、IL情報局管理者オオニシ氏と彼を取り巻く
TA裏BBSメンバーである。

間違ってもらっては困るのだが、情報局との争いは
私がIL批判をした事が原因の様に思われている方も居られる
ようだが、
IL批判は、給与面、来季契約に対する、一方的放棄に対してであり、
その問題は、全てILと話は終了している。

それと、混同されたのが、オオニシ氏の運営するIL情報局の
詐欺まがいの、公認問題である。
”ILスタッフ公認”に疑問を持った私の指摘に
”ケンカを売るのか”と言ってきたオオニシ氏と彼を援護する
TA裏BBSのメンバーとの間に、敵対意識が生まれた。

只、単純な彼等の発想は、物事の矛盾を考えず、私の腹いせ発言
だとの認知しかなく、ILにも敵対していると思っている所にある。

私は元来、余程の事が無い限り、売られたケンカは買う事に
しているので、決着が付くまではやらせて貰っているが、
どうも、表立って戦えない連中が2チャンや球場などで
コソコソ逃げ回って、やっているのが現状である。

私のブログは過去5回に渡り凍結されたのだが、全てFC2の物
どうもこのFC2と言うのは削除依頼がある程度溜まれば、
管理者に相談なく無条件で凍結するみたいで、
このブログや、ライブドアブログでは、相談メールが届くので
凍結は収まった。
削除依頼をしていたのは、やはりオオニシ一派である事が、
そのメールで判明したのには、笑える物があった。

いくろ〜さんのコメントを頂いて、改めて自分の記事を読み返すと
確かにILの将来、特にFDの展望は絶望的文章である、
しかし、楽観的、希望的展望を述べる気にもならないので、
私の展望が、批判、敵対意見と取られるのは、仕方ない事かも
知れない。

再度述べるが、ILと敵対する気は、全然無いのである。



ブログトップへ


posted by T−Rex at 20:21| Comment(2) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 前のコメントで「絶望的文章」と書きまして、何かT−REXさんの文章が全て「絶望的」であると言う風に取られてしまいましたね。そんなつもりも無かったんですけどね。
 
 これは私の考え方ですが、一つの物事をする時に、その物事の「理想的な形」「現実」「不安要素」と言う物を考えなければならないと思うのです。最初に「理想的」ま形を頭に描き、そして「現実」をしっかり見て「不安要素」を潰しながら前進していく事が大事だと考えております。

 「理想的な形」を語る事も大事ですが、その事に対する「現実」「不安要素」を冷徹に見つめる事はもっと大事であると考えてます。
 「現実」「不安要素」を冷徹に見て分析するという行為は難しく、人には言われたくない部分でしょう。

 が・・冷徹に見た「不安要素」を潰さない限りには「理想的な形」には近ずく事は出来ないです。

 TーREXさんのブログはILの不安要素をT−REXさんの目で冷徹に考えて述べていると思います。
結果的にそれが、「絶望的」「否定的」になっていると思います。
しかし、その先に見ているものは「理想形」であると私は考えています。

そんな事を思いながらこのブログを見させてもらっています。


どうも、私は文章を書くのが苦手です。うまい文章を書くのは難しいですね(涙)
Posted by いくろ〜 at 2007年02月03日 22:36
>いくろ〜さん
いやいや、絶望的文章、は名文句だと思います(笑)
お陰で、もう少し突っ込んでみる気が起こりましたから。
私は職業がら、皆が肯定すれば、否定的部分を、
否定すれば、肯定部分を取り出して、バランスを
とる癖、ある意味、天邪鬼的要素があります(笑)

その立場でものを見ると、隠れた部分が良く見える
からです。
最近のILは余りにも、見えすぎ、隠しすぎの部分が
多すぎて、興味はうすれていたのですが、
この言葉が、何故か気に入りました(笑)

FDの最後を見つめる、それも良いかも知れない
と思えてきたのです。もしかしたら
角中のような、ドン伝返しがあるかもしれない。
そう思って、続けていこうかと思います。

批判ではなく、絶望的文章は、案外面白いかも(笑)
Posted by T-Rex at 2007年02月03日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。