2006年12月14日

北信越リーグ発進

FD涌島の事に、触れたついでに.....

北信越リーグトライアウト、1次合格者が発表された。
涌島稔の名前が誇らしげに載っている。

前にも触れたが、彼の実力はILレベルでは十分通用する、
合格者を見る限り、現在では北信越リーグのレベルはおそらく
ILレベルよりも劣りそうである。

しかし、そのレベル差は、僅かでしかない、
おそらくワンシーズンで逆転するだろう、

何故か??

それを語る前に、合格者の事に少し触れたい。
同じ合格者に、元MPの前田投手の名前が有る。
涌島同様、NPBを目指す選手としては色々書かせて貰ったが
リーグレベルと言う事で有れば、彼のクビは納得のいかない
物がある、(フォーム改造問題は別として)

同じ様に、元FDから野茂クラブへ行っていた辻本選手。
同じく侍に行っていた柳田選手、今季FDで、不当に扱われた
松橋選手等、鍛えようによっては、スグにリーグレベルになる
選手が多く合格している。
(ILの他のチームからも、数名合格しているが、あえて触れない)

彼等は夢を抱えてILに来て、それこそILの闇を見て不当な
扱いを受けて、悔し涙を流した若者達である。
彼等が、正当な指導を受け、活動の場所を与えられれば、
直ぐにILのレベルは、淘汰するだろう。

一度はその実力を認め、採用しておきながら、満足な練習環境を
与えず、たいした指導もせずに首にしたILは、
おそらくその仕打ちに気付かずに、衰退していく事だろう。

北信越リーグの発展はその運営基盤にある。
まず、ILとの大きな違いは地元に望まれたリーグというところだ。
ILの場合、石毛氏の発案により、まず四国があった。
四国でやれば、喜んで応援する観客がいるはず.......。
それからスタートした。

運営資金も無く、応援する企業もファンもいないのに。
約束、決まりもその都度都合のいいように変わった。

北信越リーグの場合、各県企業が資金面を支える、マズ現実に
根を下ろし、給与面、観客数、入場料等、気になる所は
以前私がILの存続の為に試算した事を殆どクリアーしている。
本当の地域密着型と言えるリーグの発足である。

そして大きく違う所が、もう一つある。
NPB選手育成を謳わないところである。
これこそが、野球本来の発展を物語っている。

ワザワザそんな事を大袈裟に言わなくても、
良い選手が出てくれば嫌でもNPBのスカウトはやってくる。
日本中の高校、大学、社会人の野球部でNPBの選手育成を
謳っているところは無い。
それでも、ドラフトの指名は数多い。

2年で5億近くの赤字を出し、ようやくNPBドラフト指名を
勝ち取ったのは僅か2人、それも一人は予想外である。
とどのつまり、ワザワザ安い育成枠を作らせ、3人を送り込むのが
やっとのIL.
その犠牲になったのは、今回北信越リーグの一次合格した者達を
筆頭に、数え切れない程の若者達である。

そして、更にILの将来性を危惧するのが、ファン無視の運営と
果てしなく下がり続ける選手年俸である。

更に言えば、リーグレベルの低下もある。
来季、決して金を出して身に行こうとは思えないほどの
プレイが予想される。
それ程、いい選手がILを去った、新たに採用される選手レベルは
言わずとも想像できるはずである。

しっかりとした、生活基盤の上にこそ、技術の進歩がある。

現状の選手年俸はILとでは、およそ、倍近い差が出来た。
これからの両リーグの発展は自ずと理解できる筈である。

(もっとも、ILはその運営基盤から、来季のみと判断するが。)

最後に指導者云々の意見もあると思うが、要は元NPBの選手が
教えるのであれば、誰が教えても同じような物。
肝心なのは、教える者と、教えられる者の相性次第であると言う事を
述べておこう。

最早北信越リーグの発足を見て、ILの発展は皆無に近くなった。

新たな活躍の場所を得た選手達の活躍を願ってやまない。
相原、高梨、沢西、山健の名前を発見出来なかったのが、
残念である。
彼等こそ、このリーグのスターとして活躍して貰いたかったのだが。





posted by T−Rex at 01:54| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。