2006年12月10日

アイランドリーグその行方

FD涌島が戦力外通告を受け、再びトライアウトに挑戦、

その結果は実る事がなかった。
彼の勇気には拍手を送りたい。その一方、
涌島の実力を見抜けないリーグ上層部に愛想がつきた。

そもそも、トライアウトはチーム補強の為に行なうものである。
ところが投手においては、昨季同様、
今季も同じ事が繰り返されている。

昨季契約解除になった投手の中には2期生としてリーグに来た
投手よりも実力的には上の者が多数いた。
と言うより、失礼ながらワザワザ一期生をクビにしてまで、
入団させるほどの実力を持った者は一人もいなかったのである。
(只一人、FDのミン投手はその素質に目を見張るものがあったが)

実際、今季2期生で活躍した者は一人もいない。
その為昨季開幕当初、から見苦しいほどの四死球の多かった試合は
後期になると野手の向上と相まって、それなりのリーグレベルを
作り上げて来た。
それが、今季多くの選手入れ替えにより、レベルの低下を呼び
投手力は、哀れなほど一期生との差を埋めることなく、
最後まで見苦しい試合を露呈する事になった。

昨季終了後、東部球場で行なわれた、投手トライアウトで
契約解除となったFD辻投手よりも実力があると思える選手は
一人もいなかったのだが、
しかし、フタを明けてみれば軟式レベルでも使えない
吉門投手(1か月でクビ)までが採用される始末。
その合否決定には、大きな疑問が残ったものである。

おそらく、今回のトライアウトにおいて涌島投手よりも、実力のある
投手は皆無であった筈だ。
それなのに、7名の採用は昨季と同じ結果を生む事になろう。

今季リーグのレベルを維持出来たのは投手は一期生のみ、
野手においても2期生ではOG堂上、森田、FD山伸、角中のみ
一期生がリーグレベルを維持してきたと言っていい。

OG深沢は兎も角、同じOGの伊藤はリーグが育成したとは言い難い、
FD角中に到っては、何の進歩もなく、
一時は山伸の陰で見捨てられてさえいた選手である。
NPB選手を育成するどころか、投手においては、潰してしまった
選手を数えた方が早い。
FD相原、高梨、沢西、IS渡辺佐藤、MP近平等は育っているが
これは2年もやっておれば、当然の事で、リーグが育成した訳
ではないだろう。

それより、FD赤井、涌島、IS角野、番場、OG捻金、等
昨季活躍した投手を潰してしまったのは、過酷な起用による
リーグの責任である。
東部球場で行なわれたOGvsFDのチャンピオンシップの最中
FDブルペンにいる投手陣に向かって、フェンス越しに
IS小野元監督が、各投手にそのフォームの指摘をしていた。

それ程彼等は、基本から外れた投球をしていた。
一体藤城監督は、何を教えていたのだろうか。

FDにおいて残った投手は上里田、岸となる、西川、ミンは到底無理である。
これに故障中の捻金が来るらしいが、到底ローテーションは組めない。
大黒柱となる上里田自体、故障再発の危険性を持っている。
来季FD投手陣は壊滅間違いない。
それでも涌島を取らない理由とは?  謎である。

謎と言えば、チャンピオンシップにおける角中五番ライトの謎が
ドラフトの結果からやっと理解できた。
あのまずい守備に目をつぶり、打てなくても使い続け、
私の言う”角中を守らせたら危ない”と言う事が解っていながら、
角中を使い、結果OGにチャンピオンフラッグを渡してまでも
手に入れたかった物。
ロッテのスカウトが角中を見せてくれと言ったのだろう。

選手を育成出来ない、約束を守れない、優勝を大事に思わない。
結果だけを求める、そしてリーグレベルを維持出来ない。
こんなリーグが続く訳は無い。

ファンと言うのはリーグオタクの馬鹿の集まりではなく、
野球そのものに魅力がなければ、増える事は無い。

遅かれ早かれリーグ存続は、来季限りになりそうである。







posted by T−Rex at 21:40| Comment(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。