2006年10月22日

総括を終える前に休憩

ジーノさんのブログコメント欄に答えが出ていた。

リーグ全体の総括を前に、素晴らしいコメントを
目にしたので、紹介したい。

コメントしたのは、香川に住んでいながら、FD応援団長との
関係から、昨季よりずっと高知FDの応援をリードしてくれている、
”いくろ〜”君

>アイランドリーグが2シーズン終わる間に、
イロイロなNPB2軍のチームと交流戦をしてきました。
私も、NPB2軍との交流戦を何試合も見ました。

よく、NPB2軍とIL選抜の差は殆ど無いという意見を
耳にします。確かに試合を見る限り、NPB2軍選手との差は
IL上位選手なら差は殆ど無いと見ても良いかもしれないです。

しかし・・その、「少しの差」というのが、
どれほど超え難いものか考えるようになりました。


ちょっと体が大きくて・・・努力しても身長などは伸びないだろうし。

ちょっとパワーがあって・・絶対的な体格の違いからくる力の差は
簡単に埋めれないと思う。

ちょっとセンスが上で・・・例えば「絵」を描く時の「センス」
と言うモノは、それがある人と無い人では超えられない
かも知れないほど高い壁があると思う。

と、天性でその人間が持っている「体の能力」というのは、
それを持っている人を持ってない人が超えるのは、
本当に至難の事だと言って問題ないでしょう。

簡単に考察してもこれだけの差が出てきます。

だから、ILで大活躍=NPBのドラフトもすぐに手が届く
と考えるのは、楽観的すぎるでしょう。


T−REX氏が、かつておっしゃっていたように
ILリーグレベルで打率4割近い成績を残さないと
無理かも知れません。

 だからといって、NPBのドラフトにかからないから、
IL選手はダメと言いたい訳ではありません。
IL選手はIL選手で、能力を持っていると思います。

ただ、そろそろ、「リーグレベル」という基準も
このリーグを語るときに必要ではないかと思います。


=======

その僅かに見える差こそが壁で仕切られた内と外になる。

たとえば、リーグの中でもレギュラーと補欠の間には僅かな
差しかない、しかしその差は試合に出るのと出ない状態が
長くなればなるほど大きく開いてゆく。

100点と99点の差は1点しかない、同じように99点と
98点の差も1点である。
しかしこの僅か1点の差には大きな違いがある事に、
気が付かなければならない。

98点と97点と同じく99点と98点の差は同じように
1点の差であり、努力すれば追いつくのは簡単である。

しかし100点と99点の差は、1点のように見えて、
大きな開きがある。
99点は、何処まで行っても99点なのに対し、
100点と言うのは満点つまり限度が無いのである。

101点かも知れないし200点、300点と言う可能性を
秘めている。
プロの世界とは、その100点を取った人の集まりである。

言い換えれば、30点台が草野球、70点台が高校野球、
80点台が六大学レベル85点台がリーグレベル、
そして90点台が軟式国体レベル、
95点台が社会人、リーグ選抜レベルと言える。

この中での移動は、その環境、素質、努力で可能であろう、
しかしNPBとなれば、100点を取らなければならない。
99点の選手は数多く見られる、
しかし、100点となると........

OG深沢、FD高梨にしても、100点でもなく99点でもない。
しかし、彼らに求められているのは、伸び代、可能性である。

可能性、これ程不確かな物は無い、しかし、それに賭けるのも又
プロの世界である、駄目なら放り出すのも.......


僅かな差、その差の大きさに気が付かず過ごしている人は
ある意味幸せかも知れない、
その差の厳しさを知らずに生きて行けるのだから。


>■井内内野手について

サードの守備のことですが、彼は四国六大学の
S学院大の出身で何度か試合をみましたが、
ずっとサードを守っていましたよ。そのときは
特に守備を注目してみていませんが、それほど
悪くもなかったように思いますが。それよりも
バッテイングでしょう。当時からシュアーな
感じはありましたが、パワーレスはかくせなか
ったですね。もっとパワーをつければミートが
上手なので期待できると思います。
県内出身選手としても頑張って欲しいですね。

レベルの低い所の守備を持ってきて、リーグでの話をすれば
こういう事になる。
レベルの違いを認識できない人は、幸せである。


>私も一応は選手経験はあります(大学までは)
そんなことはどうでもいいことですが、私自身は

野球の細かい技術をとりたて選手の欠点を
アラをさがすように指摘しません
(それも必要なこともありますが、大体はいい方向に
むかいません、私はすきではありません、第一それほどの
目をもっていません)


弱虫は、逃げて行って、何処かで悪口を言う。
見本のような男がいた。



ブログトップへ











posted by T−Rex at 13:12| Comment(0) | 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。