2006年10月21日

アイランドリーグ2年の総括3

各チーム守備はどうなったのだろう。

昨季、アイランドリーグ開幕直前、東部球場で行なわれた、
FDーJR北海道だったと思うが、練習試合を見に行った。
小山田が四死球を連発した試合である。

地元に出来るプロ球団、応援しない訳にはいかない。
しかしその姿は余りにもひどかった。

これがプロ?? 金を取って見せるのか??
バックネット裏で、ビデオカメラを構え、データーを取る、
北海道の選手が、笑いながら見ていたのを思い出す。

ところが、やはりプロ、開幕するや見る度にその上達していく
姿は目を見張るものがあり、やがて前期が終わる頃には、
社会人の四国銀行とやってもそこそこやれるのでは、
と言うレベルに達した。


バランスの取れたFDに対し、軟式のような戦法を用いて、
前期最下位から、優勝争いに参加して来たISの選手の気迫は
その筆頭の村田捕手に代表されるように、見ていて楽しいものが
あった。
優勝を決定づける10月6日の蔵本球場では、素晴らしい守備と
打撃に、良くぞここまで短期間に上達した物だと感激したものである。
内外野共、良く鍛え上げられ開幕当初のエラーや、四死球による
だらけた試合からは一変していた。

ところが、今季市営球場のISとの開幕戦を見に行って驚いた。
全く昨季開幕当時、否それよりもヒドイ2期生の外野守備。
万歳、トンネル、挙句は足で蹴ってしまう守備陣。
(1期生大量解雇のせいであったが)それにしてもヒドイ。
それでも昨季同様、何れ鍛えられて.......との願いは虚しく、
最強を誇ったFDの守備陣でさえ”試す”と言う名目で最後まで
確定されたポジションが決まらず、CSにおいても確定しないまま、
戦うハメになってしまった。
(二遊間、と一塁は固まっていたが、捕手さえ確立しなかった)

当然、その弊害はエラーに結びつき、結果CSの殆どが外野の頭上を
越すと言う、草野球並みの失点を被る事になった。


ISにおいては最後までその傾向は強く、およそプロとは言えない
守備が続いた、MPの試合は余り見てないので詳しくは解らないが、
そうたいして変わりはしないだろう。
かろうじて、OGだけが際立ったエラーを見せなかったのが、
救いと言えよう。

打力においてOG堂上、森田、若林、FD山伸、角中等が目立ち、
2期生の活躍が見られたが、他の2期生にはたいした選手が
見当たらず、投手、守備陣と言う事になれば、
一期生、それも昨季契約解除になった選手よりも、
明らかに劣る選手が、数御多く見受けられる。

一期生の上達からすれば、当然そこそこになっている筈であるが、
2期生の上達振りは、一期生のそれよりも育成が行われているとは
言い難い。
彼等の元々の実力の無さにも、原因はあると思えるが、
昨季のトライアウトを見る限り明らかに契約解除した選手より
実力の無い選手を敢えて入団させたリーグ側の選択は、
結果として間違いだったと言う事になるだろう。

これ程2期生の育成が行われていないと、来季多くの一期生が
退団する事になれば、リーグレベルは最早プロとは名ばかりの
リーグのレベルになってしまう。

特に投手においては、
2期生で活躍している選手は皆無と言って良いほどである。


来季北信越リーグの開幕が決まっている、条件的にはそちらの方が
良い事もあり、今年トライアウトでアイランドリーグへ
優秀な選手が入る可能性はかなり低いと言えよう。

守備は鍛えれば、そこそこにはなる物であるが、
この、オフシーズンどれ位プロらしく育成できるのか、
各チーム監督、コーチ陣のお手並拝見といきたい所である。

結果的には、1期生の多くがリーグ側に、残留を乞われる
と言う事になりそうである。


ブログトップへ











posted by T−Rex at 12:51| Comment(0) | 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。