2006年10月18日

CS総括2

梶田が、後悔ばかりしないように...

もう一度このCSの敗因を述べておく。

藤城監督のコメントがある。

>「頑張らなくてもいい。普段通りの投球をしろ」

>「ファインプレーはいらない。基本をしっかりやってもらいたい。
  普通のことを普通にこなし、今までやってきたことを出し切る。
  それが一番大事」

その通りだと思う、それが出来れば、
このCSは楽勝で行ける筈だった。

藤城監督自身それが如何に難しい事か解っているからこそ、
敢えてこの言葉が出たのだろう。

しかし、この言葉を最も聞かなければいけなかったのは、
FD上層部の監督、コーチであったのである。

レフトを守ってきた山伸DHが基本なのか?
最も信頼できる梶田を外すのが基本なのか?
後期一度も無かった國信一番が基本なのか?

当たり前の事をせず、奇を衒った守備、打順はファインプレーを
狙ったオーダーではなかったのか?

調子のいい選手から使っていくのであれば、何故中村を外したのか?

何度も言うが、山伸DHに始まったCS先発オーダーは、
決してFDの普通のオーダーではない。

既にこの時点で藤城監督の言う野球は始まっていない。
角中を守らし、梶田を外した事がその全てを物語る。

私はこのCSまでに、FD監督、コーチを非難したことは無い。
しかし、今度ばかりは言わざるを得ない。

指導能力無し!!

個々の選手の能力を把握出来ず、
技術は教えれるが、野球そのものに対する指導において、
短期決戦における、作戦、選手起用をこなす能力は無いと見た。




ブログトップへ




posted by T−Rex at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。