2006年10月15日

素人 CS第四戦

大事な所でこの守備!!

CS初戦、三戦に続き今日の試合でも見せた、

2アウト一塁で、


頭を越される外野の守備体型!!


素人としか言いようが無い!!



FDの外野守備位置はコーチが指示をする、
だとすれば、これはコーチの責任である。


最終回の走者一,2塁の場合は仕方ない。
それは当然前進守備である。

7回の1点の事である。

2アウト一塁で外野の前に打球が飛ぶ確立は3割である、
それでは点にならない、次の打者が同じくヒットできる確立は
同じ様に3割、連打できる確立は1割に満たない、
それで2塁走者が帰る確立はおよそ7割であるから
後ろで守っておれば、ホームランを打たれない限り、
失点する確立は6分〜7分しかない。

ところが、外野の頭を越されたら一塁走者は2アウトである為
スタート良く必ず本塁に帰る事になる。
つまり失点する確立は、打者の打率と同じく3割近くなるのである。
(厳密に言うと長打率も必要となり幾分は減るのだが)
特にリーグの外野手はNPBの選手ほど後ろの守備が良くない。

高校野球で普通高が強豪高に大量失点する場合はこの外野の
頭を越される場合が多い。

一人アウトになっても、走者を2塁に送る理由を良く考えてみればいい。

貴方ならどちらを選ぶのか?
定位置か、越されない所で守るのか?




ブログトップへ





posted by T−Rex at 21:32| Comment(0) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。