2006年10月15日

CS第三戦

後が無いFD,敵地へ乗り込んでどう戦うか?

FD7−3OG オリスタ
FD相原、OG伊藤両エースの戦いが始まる。
この球場に来るのはおよそ1年振り、
昨年の侍ベアーズ戦VSリーグ選抜の試合以来の事になる。

友人と少し早く着いて、開門を待っていると、山健の父上に
お会いして、久し振りの再会を懐かしんだ。
話は山健の現在のセットポジション打法の事に及び、
その経過の話にあれこれ語り合った後、来季についての事に
行き着いてしまった。

やはり、石の上にも3年、と言う事を勧めておられる様だが
その判断は本人次第と言う事らしい。
残ってくれると良いのだが。

ところが、この偶然が試合を決める事になろうとは、
未だこの時には二人とも思いもしなかったのである。

まずこの試合は予想したとおり杭田の故障で、先発オーダーが
入れ替わってしまった事から始まった。

サードに日高が先発、そして何より小山田がマスクをかぶり、
宮本がレフトを守ると言う変則守備となった。

山伸が再びDHとなったのは、どうしても打撃に専念さしたい
為であろう。杭田のいない、打線では山伸に頼る以外無いという
現在のFD打線を象徴している。

一番國信、五番角中、ライトはこうなれば

FD上層部の意地であろうか?

1回表
OG伊藤は、やはり先日同様プレッシャーを引きずったままの、
不安な立ち上がりを見せる。
國信に対して2球ボールが先行、やっと置きに来たストライク
そして又ボール、外角にようやく良い球が決まり、
フルカウントまで持っていった。
何とかストライクコースに投じた球を國信が例の如く打ち上げ
センターフライ。初戦レフトフライ、2戦ライトフライに続く
”松岡の何とか”である。
楽になる筈の伊藤だが、続く古卿に対しても初球はボール
2−2の平行カウントから、しぶとくセンター前に弾き返されては
山伸には1−3から簡単に四球を与えても仕方ない所か。

そして、FD4番山健を迎える。
このCS2戦で初戦初打席で一本打っただけの8−1
楽に投げればどうと言う事の無い場面。
リラックスしようと盛んにバットを小刻みに動かし、
直立にも見えるほど真っ直ぐに立ち、投手と向かい合う。

その姿は例えて言えば、セットポジションで投げる投手の姿
である。
私はこれを面白半分にセットポジション打法と呼ぶ。

何時もは外角に投じられた球を、いとも簡単に見逃すのだが、
それが今日は一瞬小刻みに揺れていたバットが静止した。
おそらく外角を狙って投じられた伊藤の初球は
山健の胸元近くへスーッと入って来た。

四球の後の初球を狙え!!のセオリー通り、山健のバットが一閃
あっという間にレフト外野芝生席で弾む白球。
スリーランホームラン。

山健の父君と手を取り合って喜んだ待望の一打だった。

その裏FD相原の2年間の集大成とも言える投球が始まる。
5回まで完封する内容は、改めて明日紹介したい。


5回を終り3−0
このまま相原続投であれば、おそらく5−1か、7−0で終了していた
楽勝の試合。ところがここでとんでもない事態になる。

6回裏FDは相原に代え高梨が、マウンドに上がった。
シーズン中の調子ほどではないが、先頭代打近藤に対して
得意の変化球が低めに決まり、ストレートの切れもマズマズで
セカンドフライに仕留め、続く七番国本にはセンター前に
運ばれるが八番井吉をファーストゴロに取り、簡単に終わる
かに見えた。

この時の2アウト一塁の時の外野の守備である。
初戦でも触れたが

どうして、この場面で頭を越される守備位置で守るのか?
越されてしまえば、即失点に繋がる。
レフト宮本が後3歩後ろで守っていれば何の事は無いレフトフライ
OG八木の当たりはレフトフェンス際まで転がった。

ショックの消えない高梨の投球は近藤(智)三輪、堂上と3連打を
くらい、たちまち同点となる。

2アウト2,3塁の場面で4番森田、たまらずFDは上里田に交代。
何とかライトファールフライで危機を乗り切った。

6回からの高梨登板以前にFDには、こうなる流れが出来つつあった。
3回先頭の國信がファーストエラーで出塁、古卿が送って
ワンアウト2塁、ここで國信が牽制死してしまう。

続く4回先頭の山健が痛烈なセンター前で勢いづく。
3−0先ほどの國信牽制死もあり、どうしても1点欲しい場面
五番角中はCS3戦目にしてようやく責任を果たせる場面が来た。
確実に送れば良い。そうすれば次の打席は期待できる様になる。

ところが、森山コーチはこの場面打たす事を選んだ。
結果ライト線への2塁打、ノーアウト2,3塁。
成功したかのように見えた。
これも第2戦の國信3盗同様遣ってはならない作戦。
点にならなくても、遣るべき事の積み重ねが得点となり、
失点を防ぐ。
何の策も無いまま宮本、小山田、土佐と3者連続三振では、
流れを遣ってしまうのは当然なのだが、
相原の熱投がそれを防いでいた。

此方の何でもない守備のミスからOGに1点と共に与えた流れは
上里田のリリーフでようやく断ち切れた。

見事な上里田のリリーフと、立ち直ったOG伊藤、金城、塚本、
とガップリ4ツに組んだ展開で、3−3のまま最終回
OGは必勝体制で深沢を投入、引き分けを覚悟したその時。

やはり頼りになるのはこの二人、まず梶田がしぶとく四球を
選び一番國信の内野ゴロで、2塁に進む。
そして、古卿キャプテンの打席を迎えた。

初球外角へ素晴らしい速球、
同じく外角へ速球、これを上手く合わすが僅かにライト線の
外側に落ちてしまう、2−1から投じられたやや内よりの
速球を上手くセンター前に運んだ、浅めに守っていたOG八木が
捕球した時には梶田は未だサードを回った所に居た。

ここで森山コーチの手が無謀とも思えるがグルグル回っていた。
躊躇無く突っ込む梶田、慌てた八木のホーム返球は低くバウンド
して堂上のミットに吸い込まれた、タイミングは完全にアウト
である。ところがこれも堂上のプレッシャーなのか、
吸い込まれたと思われた白球は勢い良くミットから飛び出して
サード方向へ転がった。4−3
土壇場で勝ち越し。

応援団から古卿コールが鳴り止まない。
此方を向き拳を振り上げる森山コーチの、してやったりの表情が
誇らしげだった。
この2戦完璧と言って良いほどの好投を見せていた深沢が
山伸にレフト線へ痛烈なライナーを打たれ、
2点目を奪われてしまえば、
今日の山健には只の投手にしかならない。
左中間に高々と上がった打球は、この日2本目の止めを刺す
2点ホームランとなった。
この回一気に4点、上里田には最終回を抑えるには
十分過ぎるほどの得点であった。

いぶし銀のような古卿の活躍に四番の山健がようやく爆発
熱投の相原を巧みにリードした小山田、
崖っぷちで見事な踏ん張りを見せた上里田。
2期生の山伸に意地を見せた1期生の活躍でようやく本来の
FDの姿が見えてきた。


およそ1年振りに話した山健の父上,そのセットポジション打法で
2本のホームランを打った山健。
これを単なる偶然と言ってしまうには、もったいない気がする
CS第3戦であった。




ブログトップへ





posted by T−Rex at 11:27| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても因縁めいたお話ですね。
山健の復調は心強いですね^^
相原は、二年間の集大成とも言える
見事なピッチングでした。
となると、生彩を欠いてる高梨に、
すべてを託すことになりますなーー
Posted by かつお at 2006年10月15日 07:10
私は今日は高梨投手が、市営でノーヒットノーランした時なみの投球が見れると思ってますよ。
理由は、CSで3度登板に失敗してるんで4度目は成功するっていう単純な理由ですが。(笑)

大きなプレッシャーと戦うのは恐らくは、OG松尾の方になるでしょう。ストライクが中々取れずに苦しい投球になるのでは?と踏んでます。

試合内容の分析は、TーREXさんがしっかり説明してくれているので触れませんが(笑)
Posted by いくろ〜 at 2006年10月15日 11:11
>かつお様
そうでしょう、偶然にしては出来すぎの話です。

>いくろ〜君
いらっしゃい!!
応援お疲れ様です。昨日はやっと報われましたね(笑)

昨日一緒に見ていた友人が、投手の投げる前になると静かになる応援を誉めていましたよ。
打者が集中できる、素晴らしい応援でした。
今日も団長を助けて、応援よろしくお願いします。
Posted by T-Rex at 2006年10月15日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。