2006年10月08日

CS第二戦

プレッシャーが全てを支配した。

第一戦に続き、FD先発高梨も初回から炎上、
初回3点2回の4点を合わせ7点の大量失点で試合は
決まってしまった。

今季から採用されたCSは、予想以上のプレッシャーが先発投手に
のしかかってきたみたいだ。
FD相原、高梨彼等のプレッシャーはシーズン中のピッチングには
程遠いものだった。ストライクが入らない、
苦し紛れに投じたストライクは簡単に外野の頭を越える打球に
なってしまった。

FDの、二人だけではない、
勝ったとは言えOGの松尾も、その姿は何も変わる事はない。
伊藤にしても、7回までの、投球にはとても、7点のリードを
貰った投手の姿ではなかった。
それでも、4人の中では一番マシだったのかも知れない。

特筆できるのはリリーフした投手陣である。昨日に続き登板した
FD岸、沢西は今シーズン最高のピッチングを見せたし、
上里田も見事に試合を締めた。
OG深沢はNPBスカウトの前で十分な結果を残して
アピールする事になった。
リーグにとってはCS唯一のメリットになりそうである。

第3戦の為の調整か、昨日の名誉挽回のチャンスを与えられたのか
FD相原が9回にOG松尾が8回に登板したが、
どちらも、シーズンの調子どおりの結果を残した。

これで、FDは後が無くなった訳だが、そう悲観する事もない。
やる事をやれば、まだ十分、対に持ち込める。

昨日からすれば先発オーダーはより理想に近くなった。
しかし未だ不満が残る。

今日の角中はエラーも無く無難にこなした、しかし、
だから良かったと言う問題ではない。
國信の一番にしてもそうであるが、チーム力を考えた時
ベストという物がある。
國信が悪いと言う訳では無い、梶田の選球力が國信より
上だと言う事である、そして梶田よりも山伸なのである。

相手先発投手に与えるプレッシャーは格段に違ってくる。
現在のFDでは山伸三番は四番山健である以上、余り意味が無い。

山健を生かす為にも三番打者が得点できるオーダーを組む必要が
ある。2アウトで走者を帰す力が今の山健には無い。
同じように角中を五番に必要とするのであれば、ライト守備は
考えなくてはならないのである。

結果FD3−7OGとなったが2回の4失点の始まりは1アウト
後のOG八木の何でもないファーストゴロを山健が弾いた
事から始まった。その後の2失点も仕方無いとしても、
OG森田のフルカウントからのファーストファールフライ落球は
試合を決定付けてしまった。
流れを切る為の重要な一球だったのだが。

投手不調による乱打戦のようだが、実は想っているほど
打線だけではない、守備のミスが大きくからんでいるのである。

そして、こう言う展開ではリリーフ陣はカッチリと抑えるか、
大炎上かの、どちらかのパターンとなる。
これは、良くても悪くても彼等の実力ではない。
只の結果に過ぎない。

この勢いでOGが押し切るのか、FDの投手陣が断ち切る事が
出来るのか、第3戦は注目したい。
沢西、上里田先発で、弱気になればFDの負け。
相原、高梨を信用して、再度気持ちを切り替えれば
2−2の対へ持っていけるだろう。

FDの油断は今OGに現れる筈である。
今のOG打線に打ち勝つのは、FDの打線ではなく、
FDのエースとそれを守る野手陣しかない。
相原先発、一番山伸、角中DHが絶対条件である。
梶田先発センターも加えておこう。

山健四番は敢えて言及しない。

ブログトップへ







posted by T−Rex at 20:58| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
第1戦で「1番YAMASHIN」を選択しなかった時点で
これからの試合に山伸を1番に起用しても
効果は薄れてしまいませんか?

香川の投手陣の余裕は揺らぎ無いものに
なってしまいました。
時既に遅し・・・・・・・
1番山伸効果は100%には戻りません。
Posted by 病棟主任 at 2006年10月09日 20:26
それにしてもFDはランナーの拙攻が目立つ。
第1戦の国信、山伸の暴走。
第2戦の古卿のタッチアップできないボーンヘッド。
試合に集中しているのか?
Posted by POP at 2006年10月09日 21:23
この2試合高知はランナーが拙い。
第1戦の山伸、第2戦の古卿。
試合の流れをことごとく潰す
ボーンヘッドの連続。
集中できていないのか
気負い過ぎなのか?
Posted by HT at 2006年10月09日 21:25
>病棟主任様
山伸一番は遅いのか?
いや、早い遅いよりも、FDの野球は山伸一番です。
そして、悪くても四番は山健。
エースは相原これで行って負けるのは、
諦めが付くと言う事です。

勝っても負けても自分たちのスタイルこそ
重要だと思います。

そうしないと、2年間やってきた事が無駄になると
思います。

私達が応援するのは、優勝するFDではなく
FDそのものですから、
優勝すれば嬉しいけど、
優勝しなくてもFDに変わりはないですから。
Posted by T−Rex at 2006年10月10日 00:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。