2006年10月07日

CS初戦

CS初戦FD7−9OGなのだが、....
まず、FDの油断である。

相原不調以前に、FDの油断がある。
一番國信、八番トモ、九番土佐では、試合にならない。
三番山伸は、いいとしても角中ライトは遣り過ぎである。

前にも言ったが、角中DHが最低条件であり、一番山伸でなくても
梶田、宮本の起用は絶対であった。
先発に土佐、の名前があるようでは、不利になると言ったのだが
トモの名前まで出てはどうしようもない。

決定的なのは角中の守備なのだが、これに触れる。

まず、両チーム計算外だったのが先発投手の不調。
壮絶な?打ち合いを制したのはOGなのだが、
それは、序盤のみで、中盤はどちらかと言うと、その守備に
問題が出てくる。

この試合を決めたのは、FDライト角中の守備である。
4回表6−4でOGは堂上、このライトへライナーの判断を誤り、
お手玉をしてスリーベースとした、
続く森田のフェンス間際の大飛球も落球と、FDに向きかけていた
流れを断ち切ってしまった。

予想通り、古卿、杭田が活躍しただけに、
このプレイが無ければ.....というところか。

後半はFD沢西、OG塚本、深沢の前に打線が沈黙。
つまらない試合となってしまった。

さらに流れを止めたのは、6回裏國信のサード盗塁である。
結果成功したが、ノーアウト四球のランナーをバントで送り、
三番、四番を迎える場面、絶対やってはならない、プレー
成功したから、と言う結果論ではなく、そのプレイは本流からは
大きく外れるプレイを呼ぶ、山伸の盗塁失敗はこのプレイが
呼び込んだものである。
これでFDのチャンスは再びめぐってくる事は無くなった。

そして、もう一つ解らないのは、6回表の梶田の守備、
(外野3人共であるが)どうして2アウト一塁の場面で、
フェンス越えなら兎も角も、頭を越されてしまうような、
守備位置に居るのかである。結果OG井吉にセンターオーバー。
やらなくてもいい、1点を与えてしまう。

FDの外野守備位置は森山コーチの指示による所が多いので、
これは森山コーチのミス。
角中先発ライトを選んだのも、FDの首脳陣。
今日の敗因は、首脳陣の外野守備陣の選択ミスと言う事になる。

長打が売りものの、OGに対し、余りにも雑な守備陣、
守備体型では、勝てる試合も落としてしまうのは当然であろう。

明日は、負けられないFD、高梨を援護する、打順守備を
期待したい。


ブログトップへ




posted by T−Rex at 18:00| Comment(0) | 批判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。