2006年10月02日

残念な事1

リーグ最後の試合が雨で中止、2期目全てを終えた。

後はFDと、OGの年間優勝争いに目を奪われ、
嫌な選手契約解除が待つ。
そして、最も注目するNPBドラフト指名と流れていく
のであるが。

此処に来てとても残念に思う事が幾つかあるので、
そこら辺の所を述べていきたい。

まず、何より如実に結果として現れているのが、
徳島ISの一期生の首切りであった。長栄、村田バッテリーに加え
捕手二人、野呂選手等の有望選手の解雇が無ければ、
そして柳田コーチが残っておれば、ISのみではなく
リーグのレベルは、これ程落ち込む事も無かったであろう。

責任をとって、小野監督解任が伝えられているが、いささか
遅すぎた感が強い。
先述のIS選手達だけでなくOGの羽田、FDの辻本選手を
失ったのは、アイランドリーグとしては大損失である。


次に、FDの赤井投手の事だが、昨季の活躍は何処へやら、
見るも無残な成績に終わった。
肩の故障によるものだが、懸念した通りになってしまった。
akaio.JPG

FDの投手陣において彼の腕の振りは飛び抜けていた、しかし
それ故にヒジや肩、腰にかかる負担は並大抵のものではない。
彼は未だ若い、それ故キャシャな体を十分鍛える事が先決であった。
昨季オフシーズン話す機会があった時に、

”若いんだから、来季は十分体を作ってから先発に望むように”

と言って置いたのだが、
焦りがあったのだろう、悲しい結果に終わった。
来季には、どうしても、故障を直し逞しくなった姿を期待したい。
将来性のある若者が故障して潰れていく姿を見るのは、
何にもまして悲しいものである。

同様に、ISの角野、OGの捻金投手も故障に泣いた。
こちらは元の体力は申し分無さそうだが、一部の故障から
フォームに狂いを生じ、結果を残す事が出来なかった。
復活を期待したい選手である。

FD上里田投手は持病の再発であろうか長いイニング耐えられない
となれば、NPBの夢は遠いものとなる。
こればかりは、黙って見守るしか出来ない。
才能を持っているだけに、残念な事である。
agariu.JPG


此処に来てFD高梨の調子が狂っている。
年間優勝決定戦、ドラフト指名を前にしてこの不調は
ファンを不安なものにするので、一刻も早く調整を期待したい。
taka2.jpg

ドラフト指名には響く事は無いが、優勝決定戦には大きく
関わるので、FDファンとしては気になるところだ。

さて、今季一番残念であった事、
FD相原投手の事であるが,念願の最多勝利投手は手にしたものの
大きな獲物を逃した感がある。
それについては、長くなるので又次にする。



ブログトップへ








posted by T−Rex at 17:36| Comment(0) | 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。