2006年09月30日

ようやく

 かつて主力選手の一人がこう話した。

「チームの優勝なんて二の次ですよ。あくまで
NPBが目標です」。本心と識れた。しかし今、彼に伝えたい。
目の前で香川の胴上げを見せつけられた時、
君のベンチの上で泣いていたパイレーツファンがいたことを。
二の次なんて言っちゃあいけない。
君達は感動を与えるのが本分だ。
それすらできずその3文字をひけらかすことをしてはいけない。
今一度、謙虚に誠実に野球に向き合って欲しい。
そうすれば必ずや道は拓けるだろう。

久し振りに気持ちのいい言葉を聞いた。
愛媛MPのホームページに書かれていた言葉である。

育成、地域密着ばかりが先走りしたアイランドリーグ、
2年目のシーズンが終りとなるこの時期にようやく内部から
優勝の大切さを伝える言葉が出てきた。

リーグが忘れていたもの、
野球本来の目的、楽しみは優勝する事である。


そこに、向かい努力する姿に感動がありファンが出来る。
NPBはその先にあるのは間違いないが、
そこに行き着く者は、限られている。

無いものねだりをし過ぎたリーグは今季も2億近い赤字を
計上するだろう。
それでも来季は開幕する。

優勝を目指し努力する姿勢を見せたとき、
ファンがどうなっていくのか、来季は期待が持てそうである。
但し、そのレベル如何では、これまた問題も残るのであるが。

優勝を軽んじる野球は、勝利をも軽んじてしまう。
そこに、野球本来の姿は無い。
結果を語らず、内容だけを語るのは負け犬の遠吠えに過ぎない。

上を目指す者は結果を残し、その内容を反省する事が
重要である。
常にそれを繰り返す者にこそプロと言う名前が与えられる。
今のリーグは金を貰っているだけの、プロにしか過ぎない。



ブログトップへ






posted by T−Rex at 13:51| Comment(2) | 疑問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勝つ事に執着しないチームを応援できるか。
勝利に飢えていない選手を応援できるか。
ただ、ボールを追いかけているだけの
惰性で仕事をしているだけの野球に
金を払う者がいるのか。

そんな選手はプロにいらない。
Posted by お米 at 2006年09月30日 21:28
>お米さん
リーグファンを代表した発言ですね(笑)
正に、その通りだと思います。

優勝する事が最も重要です。
もし出来なくても、それは許せますが、
狙わない野球は、見れませんね。
Posted by T−Rex at 2006年09月30日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。