2006年09月25日

後期優勝

香川OGの優勝が決定した。

堂上、森田の活躍が光った後期の優勝だが、
伊藤、松尾、深沢の好投も見逃してはならない。

そして、何より守備の堅さを見せてくれたのは、リーグファン
としては有りがたい事だ。

だが、裏を返せば一年間プロ養成と銘打ったリーグで元プロに
教えを受けたFD山本、宮本、杭田、MP林が
彼らどころか、FD山伸(2期生)にも負けたのは、取りも直さず、
リーグの指導の意味が無かったと言う結果になってしまった。

さて年間優勝はどちらか?と言う事だが、気の早いOGファンは
今の勢いで、当然自分達のものだと思っているだろう。

ところが、全力で戦ってきたOGに対し、FDの後期の戦いは
捨て試合を何試合もやってきている。
加えて、都合のいい?事に、ここ数試合の高梨、相原の不調、

この意味が解る人が、どれだけ居るのか?

この二人がこれから、決定戦に向けて調整してゆく。
打線は、最早遊ぶ余裕など無いから、ベストオーダーに
組み替えられてゆくだろう。

全力でぶつかればどうなるか、よく見るといい。
但し、一回こっきりの試合であれば、どちらに転ぶのかは
解らないが、5回戦となればFDには及ばない。

そして、NPBドラフト指名の話題もソロソロ、出てきているが、
残念ながら、OGファンの言うような、堂上、森田、伊藤、松尾
は指名されない。そのレベルではない事に気付かないのは、
仕方ないのかも知れないが。

当然FD山伸、MP林も無理である。
OG深沢、FD上里田が微妙になった、深沢は伸びしろの関係で
教育ワクを期待したし、上里田は将来性を買って貰えそうであったが
どうやら、又持病が再発の可能性が出てきた。

今年は例年に比べ大学野球の選手に将来有望な選手が多く
見られる。自然と指名枠は狭くなった。

となれば、やはり高梨一人と言う可能性が高くなってしまう。
教育(育成)枠が広がれば深沢と言う事になるだろう。

来季リーグレベル維持の為一期生の去就が面白くなってきた。


posted by T−Rex at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。