2006年09月17日

BCリーグ発進

《プロ野球独立リーグ》 北信越リーグ(仮称)が、発足する。

どうなるのか興味を持っていた北信越リーグが来季4月より
始まるらしい。

詳細については、  ホームページ、及びジーノさんの所
詳しく書いてくれているので省くが、

アイランドリーグにとっては、大変な事になった。

何が大変なのか?選手の獲得である。
それ以上にリーグ存続問題が浮上してきた。

北信越リーグ(以下BCリーグ)の素晴らしさを見てみよう。
まず、その運営基盤、運営方法の的確さである。流石サッカーで
集客に慣れている経営陣の収支予定は素晴らしいものがある。

私が以前述べた、独立リーグの経営方法を全て踏襲している。

試合数を減らし、選手の育成と集客数の安定化を図り、
経費縮小を考えつつ、給料15万円をはじきだしている。

観客数、入場料の設定も見事に現実的な数字が並ぶ中で、
15万円と言う数字は、事実ならば素晴らしい額である。

アイランドリーグの主だった選手は12万円だが、殆どの選手は
8万円という薄給で生活している。
BCリーグはおよそ、その倍である。

同じ時期、行なわれるトライアウトにどちらに行くのか???
否、どちらも合格したとしたら、どちらを選ぶかである。
誰でもBCリーグに決まっている。

と言う事は、BCリーグに抜けた後の(それも100人も)選手が
アイランドリーグに来る事になる。
只でさえ低レベルのこのリーグが、2年目で辞めていく選手を
考えた時、来季の選手に期待できないとなれば、どうなるのか?

 その存続が、見ものになってきた。

給料以上に、選手にとって魅力的なことがある。
リーグの方針とマスコミ対策である。

まずリーグの方針として、プロ(NPB目的)ではない事。
NPBを目指すのは誰でも一緒であるが、大方の選手はその夢が
叶わない事を知っている。
それでも、プロ、プロと尻を叩かれてやるよりも、
一生懸命努力して、良くなればNPBへ誘われるほうが、
ずっと楽しく野球が出来る。

BCリーグで上手くなっても、ドラフトにはかからないなんて事が
あれば別だが。
実際社会人チームの選手はNPBは目指しているが、行けなくても
そこでプレイする事に生きがいを感じている選手の方が多い。

そしてもう一つ、マスコミ対策である。
運営母体の株式会社ジャパン・ベースボール・マーケティング
の取締り役に池田 哲雄 艦゙ースボール・マガジン社 代表取締役社長
が名を連ねている。
おそらく”週間ベースボール”で試合内容は全国に発進される。
これは現代の若者にとって、ある意味夢である。
高校の時の甲子園特集記事、大学リーグの記事、誇らしげに
若き日の記念として大切に保管しているのは、皆同じだろう。

アイランドリーグの様に、地元でさえ知られないような環境、
”ヨンスポ”のような、何処で売られているか解らない、
それも大したことが載ってない雑誌に載るのとは、雲泥の差が
出てくる。

その手際の良さからもリーグ運営の将来性を見て取る事が出来る。
来年4月開幕に合わせ、トライアウトは11月となっている。
(アイランドリーグは12月、2次は予定してなかった
急遽2次トライアウト決定で最終合格発表は1月28日になった。
監督コーチの発表もこの日同時に行うと言う手際の悪さである。)

片やBCリーグは当初から2次テストを12月中旬に予定、
選考は各チームの監督コーチが行なうと言うのだから、
その時点で首脳陣が決まっていると言う事になる。

アイランドリーグを手本にした事は間違いないだろうが、
此処まで、改善されると見事としか言いようが無い。

加えて、金、土、日、祝日の試合日程は、雨の少ない特権を生かして
リーグの様に慌てる事も無いだろう。
選手の疲労度減少は、そのまま技術向上に繋がる。

何一つ取ってもBCリーグに劣ってしまう四国アイランドリーグ。

優勝チーム同士の交流戦等と、呑気なことを言って騒いでいる
ファンは何時まで、球場に足を運ぶのだろうか?

同じ様にトライアウトに合格して、FDに来た選手は幸せで、
ISに行かされた選手は、ある意味不幸であった。
今度は自分の希望で条件の良いBCリーグを選ぶ事が可能となる。

地域密着をうたい文句にした四国アイランドリーグはその地盤に
根付く事が出来ないまま、大きな嵐を迎える事となった。






posted by T−Rex at 11:40| Comment(4) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長すぎるため、伝わりにくいですよ。
せっかくのコメントなのに、勿体ない。
「ほっといてくれ」とお叱りを受ける事、かくごです。
本当に、勿体ないです。
Posted by keiko at 2006年09月17日 14:35
長いかな?
どの変を端折ればいいんでしょう?
分析を一気に読んでしまいましたが・・・
Posted by ポケット at 2006年09月17日 16:18
>keikoさん
いらっしゃい。
そこなんですよね(笑)
簡単、明瞭が一番いいのは解ってますが、
要領が悪いもので、

あ、それと石毛ブログの”アホクサ”はあれはkeikoさんにでなく、
私を預かれば、と言う意味だと思いますよ。
私に対するイヤミですきっと(笑)

>ポケットさん
援護有難うございます(笑)
ご理解いただけて、嬉しいです。



私の文は、相対的に長い(くどい)(笑)ので、
途中で、その意見に相槌を打つなり、バカ、ボケと
突っ込みながら読んで頂くと、退屈しません。

突っ込み足らなければ、コメント欄へ突っ込んでください。
それでも、足らない場合は、闘犬コロシアムで
憂さ晴らしをしましょう(笑)


Posted by T-Rex at 2006年09月17日 18:39
T−Rexさん。
御理解いただき(あえて平仮名にします)有り難うございます。
T―Rexさんと、対象的に私は、せっかちの気短なのが、イケないところです.
せっかく野球好きの私に、友達が、ILリーグ、【石毛ブログ】を
教えてくれたんですが全体的に「ガッカリ」。
血の気の多い私は、関わらないことにしました。

T―Rexさん。 また、お邪魔させて頂きますので、よろしくお願いしますね。
Posted by keiko at 2006年09月17日 21:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。