2006年05月06日

アイランドリーグ見に行こう

5月3、4、5日と東部球場のバックネット裏で
座り続けた。

まだまだ荒削りの選手達のプレイに毒舌を吐きながら
遠方より見学に来た友人達との3日間は本当に
楽しい時間をすごす事ができた。

連日1000人近くの観客も十分その興奮を味わった事だろう
抜けるような青空の下、
日本中のアチコチから集まって来た若者達が
懸命に白球を追いかける姿は、単純に気持ちがいい。

四国、特に、たいした娯楽の無い高知にとって
アイランドリーグは選手達ばかりでなく、地元の人達にも
夢を与えようとしている。


勝負のアヤ

5月5日VS香川OG戦9回表
相原は苦しみぬいて山健の一発で2ー1
完投勝利まで後3人
この回先頭のOG2番近藤(智)に2-2から投じた速球は
寸分野狂いなくアウトコース低目に決まった。

”見逃し三振”捕球した宮本も当然そう確信したに違いない。
そうなっていれば相原の完投は間違いなかった。

しかし主審吉元の右手は上がらない

食い下がる宮本に”低い”とのジェスチャーで
応える吉元の口元が少し笑っていた。

(9回ノーアウト1点差でリードしている場面、2−3から
ストライクを取る事しか考えていなかったのかも知れません。
あの場面、考えられることは

1.フォアボールを出したくない
 
これが一番頭をよぎるところでしょう。
本来であれば1の要因だけを考えるのではなく、

2.1点差 長打だけは打たれたくない。

この要員を第一に考えることができていたのであれば、
おそらくあの場面、最悪でもフォアボールという
結果であった事でしょう。
ボールで勝負する事が出来なかった詰めの甘さを露呈する
結果となってしまいました。)


フルカウントから四球を意識した相原の投球は
これまでの不調を現すかのごとくスーッと中にはいってきた。

フルスウィングした近藤の打球がレフトを守る山伸の
はるか上空を大きな弧を描いて越えていった。


息も出来ないほどの緊張の走る瞬間
相原やFD応援団の願いが通じたのか
白球はレフトフェンス金網の最上部、直径わずか
10センチの鉄パイプに当たって外野の芝生へ
跳ね返ってきた。

ノーアウト2塁、ここで相原はマウンドを高梨に譲る
ピシャリと抑えた高梨のお陰で今季トップタイとなる
4勝目を無傷で手にした。


球一個分も無い数センチの狂いで完投を逃した相原

その数センチの狂いでホームランを逃した近藤
それて勝利投手の権利が守られた相原。

勝負のアヤはあれほど広いグラウンドの中でも
数センチの狂いが明暗を分けるところにある。





posted by T−Rex at 03:55| 選手のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。