2008年08月26日

新たな希望

今回の北京オリンピック、メダルの数や連覇ばかりが
注目された訳ではない。


水泳の北島や男女柔道、女子レスリングで連覇を成し遂げた
選手達は本当に素晴らしいの一言に尽きる。

反面期待されながらもメダルに届かなかった選手も多くいる。

どちらにしても日本を代表して(日本では一番?)の選手達
であるから結果はどうあれ、オリンピックに参加出来るだけの
技量を持ち合わせているのだから、結果についてあれこれ言うのは
本来失礼な事である。

それを踏まえた上での私の意見なので、アイランドリーグ
の批判同様、ご理解を願いたい。

ところで何より嬉しかったのは、過去メダルに全く縁の無かった
競技でメダルを獲得したり、ベスト4へ食い込む事が出来た事。

水泳のメドレー、陸上の400mリレー、女子サッカー、
バトミントン、そして見事に銀をとったフェンシング。

過去準決勝や決勝レースに出場する事さえ難しかった競技に
日本の選手が登場、金までは届かないにしても、銀や銅メダルにを
期待できる位置についた事は、これからの日本選手に新たな期待を
望む事が出来るようになった。

先に書いた、柔道や体操、バレーボール等、過去日本が得意と
していた競技がメダルを失い始めた今、新たな選手達の今回の
成績は新たな感動を生んだ。

ちなみに、最近のオリンピック、アメリカのメダル獲得数が
減っていく傾向になり、競技人口自体が世界的に分散している
らしい。

何が何でも「お山の大将」になりたいアメリカの事、野球や水泳
そして女子ソフトまで金を逃した今。

最後の手段は水泳に黒人選手を起用してくるかも知れない。
(黒人差別が激しいので、同じプールには入れない)

今回アメリカ初めての黒人大統領候補のオバマ氏が
当選しそうであるから、一層アメリカの選手は体力的に勝る
黒人選手が成績を上げてきそうである。

話は少し横にそれるが、オバマ氏が大統領になれば、大きく変わる
のが、アメリカのテロ対策。

ブッシュの言うテロ対策は、アメリカそれも白人シンジケート
の石油略奪の口実であり、ビン.ラディン氏などはどうでも
いい事なのだが、9.11を口実に、やりたい放題だった。

黒人問題にしても、猿の惑星から出てきた様なライス長官を
前面に押し出して、さも人種差別などしていないように
ふるまっている。
(大統領演説の後ろには必ず黒人の少年少女を立たしている)

私が予想するにオバマ氏が大統領になれば、白人と黒人の闘争は
より激しく表立って行われる事になり、大きなアメリカの社会問題
に発展していく事だろ。

さて、野球同様、女子マラソンの野口と土佐が問題となっている。
野口の出場辞退、これは突然の故障であるから、非難する方が
おかしい。
メダルも期待できただけに非常に残念であるが致し方ないところ。

ところが土佐の場合、日本を発つ前から外反母趾で故障していたと
聞くと、あのロバの様な顔と走っている時の大きく口を空けて
いる姿を想像するだけで、腹が立ってくる。

横を走っているコーチのダンナと二人、せめて完走でもしておれば
言い訳も出来るだろうが、「兎に角走ってみました」状態では
代表を逃した他の選手に対して申し訳立つまい。

ところで、何故かオリンピックでは日本選手の出場辞退や、
途中棄権が多い。
今回中国のハードル選手が出場辞退で、国外追放騒動になっている
それもどうかと思うが、どうも選手と言うよりも、彼等を管理する
監督、コーチに何等かの原因が有るのではないだろうか?


先述した、「新たな選手達」を育て上げた指導者達と
柔道関係者に代表される「過去の指導者達」
彼等の「選手育成」に対する指導方針の違いをソロソロ
ジックリと考える時が来ているのではないだろか。


次は昨日も放送されていた「戦争責任」を追及するドラマ。
戦争責任とは何か?を考えてみたい。



ブログトップへ

posted by T−Rex at 20:26| Comment(0) | 観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。